【プライバシーポリシー】ブログに必ず設置!その重要性と設置の仕方

ブログを作成するに当たって重要なSEO対策の一つ「プライバシーポリシー」。

プライバシーポリシーは、ブログを書くなら、必ずと言っていいほど設置が必要になります。

 

ユーザー
ユーザー

  • そんなに重要なことが書かれているの?
  • どんな内容なの?

 

そこで、このプライバシーポリシーの設置する理由と、設置する必要性、設置の仕方について詳しく言及していきましょう。

 

「プライバシーポリシー」って?

 

プライバシーポリシーとは、簡単にいうと『個人情報をどのように扱うか』を記載するものです。

 

「プライバシーポリシー」とは、個人情報について、その収集や活用、管理、保護などに関する取り扱いの方針を明文化したものをいいます。

参照元:日本公益社団法人日本広報協会

 

日本語では『個人情報保護方針』と呼ばれたりしてますね。

 

変に難しく考えず、『個人情報の取り扱い方を管理・明記するもの』だとお考え下さい。

 

「プライバシーポリシー」を設置するのはなぜ?

ユーザー
ユーザー
それでは、どうしてこのような設置が必要なんでしょうか?
管理者
管理者
それは、あなたのサイトの信頼性を表明するために設置することがユーザーに安心感を与えるためでもあるんです。

 

その例として言えるのが、

  • お問合せフォーム
  • アクセス解析のツール
  • Googleアドセンスの審査
  • Amazonアソシエイトの利用

 

の利用があります。これらをもし設置していた場合、あなた宛てに連絡がくるかもしれません。その時相手の連絡先もあなたには表示されますよね。

その時、その情報が洩れてしまわないように、管理をしっかりするという宣言の意味で、設置が義務付けられているです。

そのあなたの手元にアドレスが渡った以上、その管理の責任があるということなんですね。

 

プライバシーポリシーを設置するのはどのサイト?

ほとんどのWebサイトでプライバシーポリシーが必要となります。

具体的には、下記のサイトが対象になります。

すべてのウェブサイトに必要なものではありませんが、個人情報を収集するサイトの場合は、プライバシーポリシーの制定と明記が必要とされています。

具体的には、以下の内容を有するウェブサイトが対象になります。

  1. 商品や各種サービスの申込み、確認
  2. 懸賞・クイズへの応募
  3. カタログ・資料請求
  4. 会員制サイトへの登録や入会
  5. イベントの参加申込み、施設の利用申込み
  6. メールによる問い合わせ、照会や意見募集
  7. 電子会議室や掲示板
  8. メルマガ等の配信登録
  9. クッキーによるユーザー識別やアクセス情報の収集
  10. その他、何らかの形で個人情報を収集するもの

(参照元:日本公益社団法人日本広報協会

 

 

「プライバシーポリシー」の9つの設置内容

下記9つの内容が重要な内容設置内容になります。

「プライバシーポリシーの9つの明記項目」

  • 個人情報の利用目的
  • 個人情報の第三者への開示
  • 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止
  • 当サイトに掲載されている広告について
  • アクセス解析ツールについて
  • 当サイトへのコメントについて
  • 免責事項
  • 著作権について
  • プライバシーポリシーの変更について

 

この9つの内容を、サイトに明記して、ユーザーに見える化しておきましょう。

 

「プライバシーポリシー」を設置内容【コピーOK】

下記がコピー内容になります。

この下記情報をコピーし、変更して利用するようにしましょう!

当サイト(ブログ名)における個人情報の取扱いについて、以下のとおりにプライバシーポリシーを定めます。

 

個人情報の利用目的

当サイトでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。

これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。

 

個人情報の第三者への開示

当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。

・本人のご了解がある場合

・法令等への協力のため、開示が必要となる場合

 

個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止

ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。

 

当サイトに掲載されている広告について

当サイト三者配信広告サービスを利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

また、当サイトでは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。

 

アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。

 

当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。

これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。

・極度にわいせつな内容を含むもの。

・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。

・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

 

免責事項

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 

著作権について

当サイト「ブログ名」に掲載されている情報についての著作権は放棄しておりません。当サイト記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。ただし、全文転載はお断りいたしております。引用許可範囲についても、事前予告なくこれを変更する事があります。また、当サイトのRSSを利用し、コンテンツをそのまま盗用することも禁止しています。

 

プライバシーポリシーの変更について

当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。

修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。

 

初出掲載:0000年00月00日

最終更新:0000年00月00日

 

この内容をコピーして、自分のサイトに貼り付けて、使用しましょう。

サイトへの設置の仕方

それでは、実際に設置の仕方を解説していきましょう。

まず設置するには、下記2つの手順に従って登録を進めていきます。

<設置手順>

  • 固定ページにプライバシーポリシーを作成する
  • フッターにプライバシーポリシーを表示する

 

 

固定ページにプライバシーポリシーを作成する

まずは固定ページで、「新規追加」して、上記のプライバシーポリシーの文面をそのままコピーして貼り付けましょう。

下記画面をご覧になって、下記手順で「プライバシポリシー」を作成してみましょう。

■固定ページにプライバシーポリシーを設置

<固定ページの作成手順>

  1. 固定ページ➡新規追加
  2. パーマリンクをわかりやすい名称に!(なんでもOK)
  3. 上記に記載されるプライバシーポリシー内容を全てコピーして貼り付ける
  4. 「公開」しましょう。

 

固定ページに新規追加していきましょう。

パーマリンクの名称は、お好みで構いません。自分のわかりやすい名称を付けておきましょう。

タイトルは一緒で問題ありません。入力が終えたら、記事となる中身の部分です。上記でコピーOKと記述した、プライバシーポリシーの内容をまるまるコピーしましょう。

そうしたら、「公開」をしましょう。

 

フッターにプライバシーポリシーを設置する

続いて、フッター部分にプライバシーポリシーを設置てみましょう。

フッター部分に設置するには、下記3つの手順に従って、表示していきましょう。

下記画面をご覧ください。

フッター部分に設置への設置方法

 

<フッター部分にプライバシーポリシーを表示する>

  • 「ウィジェット」⇒「テキスト」
  • テキストをフッダー部分にドラッグ&ドロップでセットする
  • 下記プログラムを記述する

 

外観➡ウィジェットを選択して、テキストを選択します。

そしたら、このテキストをドラッグ&ドロップでフッター部分の所まで持っていき、セットしましょう。次に、下記ソースをテキスト内に貼り付けて終了です。

 

コピーするプログラムの内容

 

コピーしたら、プラバシーポリシーのリンク部分を、「先ほど設定したパーマリンクの名称:③」に変更して、保存しましょう。

 

表示画面

このように、表示されて、リンクがプライバシーポリシーの画面に表示されれば、OKです。

 

プライバシーポリシーについて知っておくべきこと

プライバシーポリシーは、決して、フッターになくてはダメ等はありません。

設置位置は、どこでも問題ありません。メニュー部分でもよくて、大切なことは、きちんと明記しておくことです。

※但し、このプログラムの記述に関しては、各ワードプレスによっても設定をもっているものもありますので、各ワードプレスの利用方法に沿ってご登録下さい。

 

まとめ

このように、プライバシポリシーは、あなたのサイトは安全だよと、明記して表明するための大切な内容になります。ほとんどのサイトを開設したら、まず最初に登録するべきと言っても過言ではありません。

しっかりやり方を理解して正しくブログを運用していきましょう。

【おすすめ:WordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」について
     ※ブログを始めるなら絶対おすすめ【特典あり】


私も新たなサイト【育チルnet」にて、検索エンジンの上位の多くを占めると言われるSEO対策に強いWordpressテーマを導入してみました。

無料テーマから有料テーマにしただけなのに、0円だった収益が2~3万円まで上がったんです!

正直驚きでした!実際に利用した所感は、デザイン性能がかなり整っていますし、表示速度もやっぱりかなり速いです。人気なWordpressテーマなだけはあると感じました。

無料のテーマでも私は悪いとは思っていませんが、やはり検索エンジンからの評価はだいぶ違いました。

初めて数ヶ月ですが、もうすでに検索エンジンから大きく表示されるようになっています。

どうせやるなら、しっかりgoogle社からの評価を受けられる整えられた環境でブログ運営する方が絶対にいいと感じたため、当サイトをご覧下さった皆様にもお伝えさせて頂きました!

Wordpressテーマを新たにご検討方は、今しかない期間限定の特典も付いていますので、お早めにご確認下さい。

レビュー

公式サイト



 ←ためになったら押してね^^