お得・便利情報 ネット

光回線ならGMO光アクセスが安い!評判とメリットを徹底解説

 

テレワークを推進されている現代。インターネットは欠かせない存在になっています。

 

悩む女性1

インターネットを契約する際、どこを選んだらいいのかよくわからない。

 

今では、様々なプロバイダーやインターネット回線会社が増えているため、その契約プラン数えきれないほどのプランが存在します。

そんなネット回線プランの一つである「GMO光アクセス(GMOとくとくBB)」。

契約プランがシンプルで通信費用が安く、安定性が高いと評判であるため、近年利用者が増えてきています。

 

 

そこで、このGMO光アクセス(GMOとくとくBB)の利用メリットやおすすめのポイントなどについて徹底的に解説していきましょう。

 

 

GMO光アクセスとは

 

GMO光アクセスとは・・・

NTT東日本・NTT西日本フレッツの光回線とGMOインターネット株式会社が運営するプロバイダーであるGMOとくとくBBをセットプランとして提示した回線サービス。これが「GMO光アクセス」です。

 

 

 

インターネットの仕組みについて

 

インターネットの仕組みについて、簡単に説明すると、ネットに契約する際には、「光回線」の提供元であるNTTやdocomo,SoftBank,auなどの回線をもっている回線業者に合わせて、ネット通信を繋げるためのプロバイダーに同時で契約する必要があります。

プロバイダーや光回線会社には、様々な企業があります。

 

 

<プロバイダー及び光回線の提供会社>

名称商品名
プロバイダーGMOとくとくBB・BIGLOBE・@nifty・So-net・Yahoo!BB・OCN・ドコモnet etc...
光回線会社の回線フレッツ光・ドコモ光・SoftBank光・au光・楽天ひかり etc...

 

このように、プロバイダーや回線の種類も様々なですが、

ドコモ光とGMOとくとくBBが提携している回線プランやフレッツ光とGMOとくとくBBが提携している回線プランなど、ワンセットにして提供しているプランを私たちは利用するパターンが一般的です。

 

 

つまり、この「GMO光アクセス」というセットプランは、ロバイダーである「GMOとくとくBB」と光回線提供会社である「フレッツ光」の両方をセットにして用意されているプランというわけです。

 

もしプロバイダーを別で契約をしたいという場合には、目的のプロバイダーのサイトから別のプランを探すか、もしくは別途契約をしていく必要があり、個別で契約すると費用が高くなることが想定されます。

 

GMO光アクセスの料金プランと特徴

 

それでは、実際に「GMO光アクセス」の基本料金やプランの詳細などについても確認していきましょう。

 

<GMO光アクセス(GMOとくとくBB)の基本情報について>

項目詳細
月額料金戸建て:4380円(税抜) マンション:3430円(税抜)
工事費用19800円 ➡ 実質0円
全国平均通信速度下り速度345.71Mbps  上り速度304.74Mbps

 

戸建てやマンション利用における月額の利用料金は、上記になります。これは、高いのか低いのかわからないかと思いますので、他社と比較しながら目安の金額を把握しておきましょう。

 

GMO光アクセスと他社料金比較プラン

 

GMO光アクセスのプランと大手光回線会社の光回線プランの目安料金を下記にてご覧ください。

 

光回線月額料金(税込)詳細
GMO光アクセス(フレッツ光)マンション:3430円 戸建て:4380円年間通して大手キャリアより安め
ドコモ光マンション:4,400円 戸建て:5,720円エリア:全国
NURO光5,200円一部地域のみ・1年目のみ980円
SoftBank光マンション:4,180円 戸建て:5,720円エリア:全国
au光マンション:4,180円 戸建て:5,610円~東海・関西・福井・沖縄以外
楽天ひかりマンション:0円 2年目4,180~円
戸建て:0円 2年目~5,280円
1年目のみ無料だが、2年目以降は大手キャリアと同等

 

GMO光アクセスは、その他光回線と比較しても、マンションタイプでも3000円台を推移しており、他社のキャリアプランよりも月額料金について低い料金体制を維持していることがわかります。

 

GMO光アクセスよりも安いプランを提供している楽天ひかりなどは1年目は無料になりますが、それ以降は高くなり、継続して利用する際には、やはり後からショックを受けるような方もいるようなので、安定して安い方がいいという方も多いようです。

 

 

その点、GMO光アクセスでは大手キャリアの光回線プランとそれほど大きく月額料金差はありませんが、どこよりも安く利用できる光回線と言えます。

 

 

GMO光アクセスの詳細を見る

 

 

GMO光アクセスと他社プランの通信速度比較

 

ただどんなに安価で利用できる光回線であっても、その回線が繋がらなくては何の意味もありません。そこで、光回線の通信速度についても確認しておきましょう。

 

GMO光アクセスと主要光回線の平均速度比較表

GMO光アクセスと主要光回線の平均速度を表しています。

 

<GMO光アクセスと主要光回線の平均速度>

光回線平均速度(下り)平均速度(上り)
GMO光アクセス(フレッツ光)345.71Mbps304.74Mbps
ドコモ光259Mbps204Mbps
ソフトバンク光307Mbps208Mbps
楽天ひかり197Mbps174Mbps
auひかり 399Mbps349Mbps
NURO光500Mbps440Mbps
みんなのネット回線速度を参照

 

みんなのネット回線速度で平均速度を確認しましたが、GMO光アクセスは、大手キャリアの光回線程ではないにせよ、光回線としては十分な通信速度が確保されています。

 

ドコモ光のプロバイダ5社 平均通信速度の比較表

こちらは、プロバイダーごとで、どれほど通信速度に影響があるのかを示した表になります。

 

<ドコモ光のプロバイダ5社 平均通信速度の比較表>

プロバイダー下り速度上り速度ping値
Yahoo!BB(ソフトバンク)312.83Mbps199.25Mbps16.94ms
ドコモnet302.21Mbps246.78Mbps19.06ms
GMOとくとくBB301.26Mbps234.93Mbps22.36ms
Plala(ぷらら)267.42Mbps198.11Mbps21.27ms
OCN256.57Mbps187.99Mbps20.02ms
BIGLOBE251.08Mbps189.68Mbps20.17ms

参考文献:みんなのネット回線速度

 

フレッツ光とは関係はありませんが、ドコモ光のプロバイダー契約ごとの通信速度比較データを見てもわかるように、プロバイダー「GMOとくとくBB」での通信速度が平均的に高いことがわかります。

上記数値からずば抜けた数値というわけではありませんが、安定した性能かつコスパが高い契約プランであることがわかります。

 



 

 

GMO光アクセスのおすすめ特典紹介

GMO光アクセスの特典についても詳細を確認しておきましょう。

ポイント

  • 基本工事費用が実質無料
  • v6プラスのWiFIルーターを無料で利用ができる
  • 解約違約金0円

 

インターネット回線を開通する際には、回線自体の引き込みが無い場合には、回線工事が必要になりますが、この工事費が月額費用に含まれる形になります。

またWiFiルーターをIPv6の最新ルーターを無料で提供してくれますので、回線が繋がりにくかったり、回線のパンクが大幅になくなります。

 

GMO光アクセス(GMOとくとくBB)のおすすめポイントは6つ

 

GMO光アクセスのおすすめのポイントについては下記に6つが挙げられます。

 

ポイント

<『GMO光アクセス』のおすすめポイント>

  1. 月額料金が最安値
  2. IP.v6プラス対応で速い
  3. この値段で速度を実現したコスパ高
  4. どの携帯キャリアからでも申し込み可能
  5. 高性能Wi-Fiルーターを無料でレンタル
  6. 契約プランがわかりやすい

 

GMO光アクセスの最大のメリットは、月額費用の安さが業界の中でも上位に入ります。その上通信速度を落とさずして、極限まで安さを追求したプランになっている点にあります。

 

高性能Wi-Fiルーターを無料でレンタルすることができ、IPV6のWiFiルーターにも対応しており、工事費も実質無料なので、安価でコスパ最強の光回線プランと言えるでしょう。

 

また料金プランについても非常にシンプルでわかりやすいのが特徴です。

 

プランによっては後から別途保証オプションなどを追加されるプランなどがありますが、GMO光アクセスでは、そうした追加支払いなどを後から伝えられることはありません。

料金プランについては至ってシンプルでわかりやすいのがありがたいです。

 

GMO光アクセスの詳細を見る

 

 

回線がパンクしにくい・アクセスが落ちにくい理由とは

 

それでは、どうしてGMO光アクセスは、通信回線がパンクにしにくい。またアクセスが落ちにくいのか?

その理由は、GMOとくとくBBで採用されている「IPv6」という接続方式が関係しています。

IPv6プラス接続では、IPv4」と「IPv6」2種類のIPアドレスを「IPoE方式」という接続方式でネットを利用することが可能です。

 

ポイント

回線がパンクしにくい・アクセスが落ちにくい理由 = 接続方式はIPv6を採用している

 

GMOとくとくBBはv6プラス接続に対応しているので、通信速度が低下しにくいという特徴があります。

 

下記図をご覧ください。IPv6とIPv4については、下記のように考えるとわかりやすいです。

 

 

「IPv4」という通信方式は、昔からインターネット接続で使われているという方式で、利用者が多いので特徴があり、混雑して速度が遅くなりやすい傾向があります。

一方、「IPv6」という通信方式はまだ利用者が少ないため、回線がパンクしにくい傾向にあります。

 

v6プラスに対応していないプロバイダも多いため、v6プラスが使えるのは、GMOとくとくBBを利用すると、通信速度の面では安定して利用できるメリットがあります。

 

 

 

 

無料で提供されるWiFiルーターについても知っておこう!

 

シンプルに安い速い光!高性能なWi-Fiルーターレンタル無料!【GMO光アクセス】を無料で利用することができます。

ルーターにも種類が幾つかありますので、微妙な違いを把握しておきましょう。

 

 

<GMO光アクセス専用貸し出しルーター>

メーカーBUFFALONECELECOM
商品・型番名WSR-2533DHP3-BKAterm WG2600HS2WRC-2533GST2
ルーター画像
通信速度2.4G2.4G2.4G
同時接続台数18台18台24台
ポート数4個4個4個
特徴複数端末に同時接続できる「MU-MIMO」対応。端末に向けて電波を送る4×4&ビームフォーミング機能。IPv6対応。ネットの使い過ぎや有害サイトを簡単にブロックペアレンタルコントロール機能複数端末に同時接続できる「MU-MIMO」対応。4×4&ビームフォーミング機能。IPv6対応。子供安心ネットタイマー採用複数端末に同時接続できる「MU-MIMO」対応。4×4&ビームフォーミング機能。IPv6対応。バンドステアリング機能搭載

 

いずれのWiFiルーターも、

複数端末に同時接続できる「MU-MIMO」や端末に向けて電波を送る「4×4&ビームフォーミング機能。」混雑を避けるIPv6に対応

していますので、どれも通信速度や安定性について安心して利用できます。

 

<3つのWiFiルーターの特徴>

1.BUFFROW SR-2533DHP3

使っている場所にWi-Fiビームで狙い撃ちにくく、たくさんつないでも速度が落ちにくい。スマホを、タテ・ヨコ・ナナメで使っても途切れにくいため接続安定性を重視する方にオススメです。

 

2.NEC Aterm WG2600HS

混雑場所を自動で回避するバンドステアリング機能や複数端末に同時接続できる「MU-MIMO」対応。

縦向き横向き設置OK。電波強度が強く、接続の安定性を重視する人にオススメです。

 

3.ELECOM WRC-2533GST2

混雑場所を自動で回避するバンドステアリング機能や複数端末に同時接続できる「MU-MIMO」対応。また端末に向けて電波を送る4×4&ビームフォーミング機能を搭載しています。

遮光パネル搭載なので、夜間にランプの点滅が気にならない!消費電力が少ないので電気代を抑えたい人にもオススメです。

 

 

 

GMO光アクセス(GMOとくとくBB)のデメリットについても知っておこう!

 

GMO光にもデメリットがあります。

 

シンプルに安い速い光!基本工事費実質無料!【GMO光アクセス】と記載がありますが、工事費はあくまで月額費用からご自身のご負担になりますので覚えておきましょう。

 

<工事費用の目安>

建物基本工事費用支払回数
戸建て向け19800円分割請求(330円x60回)
集合住宅向け16500円分割請求(275円x60回)

※初回、契約事務手数料 3,300円が必要。24ヶ月ごとの契約、契約更新

 

工事費の支払いは無料と記載がありますが、実質無料」ですのでお間違えないように

管理者

 

工事費の支払いは60回払いの「5年縛り」になります。月額費用に含まれますが、分割で工事費用は払い続ける形になります。

月額支払い料金含まれてますが、大きなデメリットと言えるので覚えておきましょう。

 

 

5年間同じ光回線のインターネットを長期で利用できるのは、トータル的な面で安く利用できるコスパの高いプランと言えます。

 

逆に、移転工事には別途費用がかかったり、もし5年の契約途中で解約した場合、工事費用の未払い分を最後にまとめて支払う必要があります。

 

そのため、出張や移動が多くて、自宅でネットを利用する頻度が低い方やが転勤や引っ越しが多い方は、無駄になってしまうかもしれませんので、よく考えてから契約しましょう。

 

 

GMO光アクセスの詳細を見る

 

 

GMO光アクセス(GMOとくとくBB)の評判・クチコミ

GMO光アクセスの口コミ・評判についていくつかまとめました。

 

良いクチコミ

 

クチコミ1

 

クチコミ2

 

クチコミ3

 

クチコミ4

 

クチコミ5

 

 

 

悪いクチコミ

続いて、悩みのあるクチコミもありました。

 

 

私自身もフレッツ光を契約していますが、非常に通信速度が安定して速いです。基本途中で途切れるということがないので、普通になにも気にせず利用しています。

やはり通信会社の専門企業なだけあって安心です。しかも、現在支払い金額が4000円ちょっとなので、微々たる金額差ですが、低額で増えることも減ることもありません。

管理者

 

 

 

こんな方におすすめ

 

GMO光アクセスは、下記のような方に向いています。

 

こんな方におすすめ

  • インターネット料金をなるべく安く抑えたい方
  • 高速で安定した通信回線を使いたい方
  • セット割がきかない携帯プランを利用している方
  • 戸建てで長期契約が可能な方
  • 転勤が少ない方
  • NTTフレッツ光にすでにご契約の方
  • テレワークで在宅勤務が多い方

 

特に、GMO光アクセスはインターネットの料金自体を抑えたい方に向いているプランです。安価でありながらも通信速度や安定性を重視されたい方におすすめです。

 

たださらに通信速度を求めたいという方であれば、NURO光などを利用される方がよいでしょう。

転勤が多い方や移動時もネットを利用したい方は、もっと手続きが容易なモバイルWiFiなどを活用するといいかもしれませんね。

 

違約金の支払いはありませんが、工事費の未払い分は後から請求がありますので、転勤が多い方や引っ越しが多い方は注意しておきましょう。

 

 

まとめ

このように、GMO光アクセスは、安価で利用できる光回線のプランです。通信速度の安定性やコスパを考慮しても非常に利用価値が高い光回線プランと言えます。

WiFiルーターにおいても高性能なIPv6の最新通信方式を採用した「落ちない・繋がりやすい・快適な」光回線の一つでもあります。

 

自宅でテレワークがメインの方や家でのネット環境を長期的に契約したいという方にはぴったりのプランですので、自分の生活スタイルに応じて上手に活用していきましょう。

 

 

GMO光アクセスの詳細を見る

 

 

 


→当ブログをフォローして頂けると励みになります。 


大人気自宅飲み放題!多彩なビールをご自宅で楽しめる【DREAM BEER】

楽天おすすめ商品はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みやさん

【サイト運営者・著者】みやさん 【実績】ライター歴7年 ブログ歴3年⇒2万PV推移中 【実務】現役プログラマー|【発信内容】▶副業やブログの始め方 ▶ライターとしてのノウハウ ▶生活の有益情報を発信しています。皆様の生活改善にご利用ください。

Copyright© 副業ケアネット , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.