テレワーク 生活情報

2021/9/14

おすすめWEBカメラ5選!テレワークのweb会議にスムーズになる

テレワークで必要不可欠な「WEBカメラ」。特に、打ち合わせが必要な時にはWEBカメラの機能がないと、会話の内容が理解しづらいことも。   会社のPCにWEBカメラが内蔵されているものが貸し出されていればいいのですが、企業によってはそうした対応ができないことも。そんな時にはWEBカメラを購入しなくてはいけません。   悩む女性1 ただどんなWEBカメラを選んだらいいの? わからない方も少なくありません。 そこで、WEBカメラの選定ポイントについて詳しく解説すると共に、おすすめのWEBカメ ...

ReadMore

テレワーク 生活情報

2021/9/8

テレワークに癒しの空間を捻出するおすすめソファー5選!

  テレワークの頻度が高くなる中、腰痛や肩こりの悩みなどを抱える方も少なくありません。また長時間の座り姿勢から、座ること困難になる方も。そんなテレワークにおいても癒しの空間は非常に大切です。   そこで、テレワークで疲れた時に、テレワークの合間にちょこっと癒しの空間を捻出するソファー。 そんなおすすめのソファーを5つ厳選してご紹介していきましょう。   目次1 テレワークに癒しの空間を捻出するおすすめソファー5選!1.1 1.LOWYA  リビング カウチ ソファセット 3人 ...

ReadMore

テレワーク 生活情報

2021/9/15

おすすめ卓上空気清浄機5選!コロナ禍やテレワーク環境をクリアにする

  コロナ禍やテレワークの中で室内の空気をクリアに・リラックスできる環境を作ることはすごく大切です。そのおすすめのアイテムとして効果的なのが「卓上空気清浄機」です。 空気清浄機のマイナスイオンを利用してリラックスできる環境を作っていくことが大切です。   そこでおすすめ卓上空気清浄とその魅力について解説していきます。   目次1 テレワークが潤うおすすめ卓上空気清浄機5選1.1 シャープ プラズマクラスター イオン発生機1.2 SEZAC空気清浄機1.3 Aroma Room ...

ReadMore

テレワーク 生活情報

2021/8/29

おすすめ両開き冷蔵庫5選!テレワークで利用頻度が高い冷蔵庫を快適に

テレワークで在宅にいる時間が増え、冷蔵庫の利用頻度が高くなったと感じる方も多いのでは? 冷蔵庫を購入したい方や冷蔵庫を買い替えたい方に向けに、実際に利用して非常に便利と感じた「両開き」の冷蔵庫について、「利用メリットや感想」・「おすすめの両開き冷蔵」を厳選してご紹介していきましょう。   目次1 両開き冷蔵庫の利用メリット2 両開き冷蔵庫と観音開き冷蔵庫の違い3 テレワークで冷蔵庫を変えよう!おすすめ両開き冷蔵庫5選3.1 シャープ SHARP 冷蔵庫 プラズマクラスター(幅68.5cm) 50 ...

ReadMore

テレワーク 生活情報

2021/8/26

テレワークのニーズに合うおすすめチェア5選!腰痛ケア・捗る・休める

  テレワークの環境を改善することは非常に大切。そんな中で特にチェアとデスクの2つの改善をするだけでテレワーク環境は劇的に変わり、作業効率も大幅に改善します。 チェアにおいて大切なことは自分にあったものを選ぶことが大切。特に業務効率に注力するばかりでなく、休憩時間に少しでもくつろげるようなチェアであるとより快適にチェアを利用できるようになります。   そこで、本章ではテレワークに最適なおすすめチェアを厳選して5つご紹介していきましょう。   目次1 テレワークに最適おすすめチ ...

ReadMore

生活情報

2021/9/9

コロナワクチン接種に向けた対策アイテム8選!辛い風邪を乗り切ろう

  現在流行が病まないコロナウィルス(COVID19)。コロナワクチン接種が進む中で、その副作用にも個人差があるようです。 私自身もコロナワクチンの摂取をした中で、1回目の摂取で腕の痛みがあり、また2回目では少々高めの熱が出ました。 症状がひどい方でも酸素が必要な方や熱がかなり上がってしまう方もいて、会社の中で、5日以上お休みされていた方もいました。   インフルエンザみたいで辛かった。もう嫌だと言っていた方もいましたね。 管理者   コロナワクチン接種を行う場合には、摂取に ...

ReadMore

生活情報

2021/9/9

コロナ禍で自宅に一台必須!おすすめパルスオキシメーター厳選5選

コロナ禍(COVID19)の影響に伴い、病院のひっ迫問題が重なり、病院で治療が行えなくなっています。そんな時に自分の身体は自分で守るための対策の一つとしてパルスオキシメーターの導入が一家に一台欠かせない時代になってきています。 悩む女性1 そこで、パルスオキシメーターとはどんなものなの? どんなものをもっていればいいのか そこで、パルスオキシメーターの選定ポイントや使い方、そしておすすめパルスオキシメーターを厳選して5つご紹介していきましょう。   目次1 パルスオキシメーターとは2 オキシメー ...

ReadMore

テレワーク 生活情報

2021/8/29

テレワークがもっと便利に!デスク周り収納グッズ5選

テレワークをしているとデスク周りの小物を利用する機会増えて、机上に置くことが多くなります。 そんな時にある便利な小物入れスペース。業務で利用するペン。メモ帳やノート。キーボードなんかも徐々にスペースの圧迫感を感じる様になります。 そこで、おすすめなのがデスク周りの収納グッズです。     目次1 デスク周り収納グッズ5選1.1 ディスプレイ・キーボード収納1.2 キーボードスライダー1.3 デスクトップパネル2 まとめ デスク周り収納グッズ5選 デスク周りを常にきれいにできる収納グッズ ...

ReadMore

Excel-VBA プログラミング

【VBA】AutoSaveOnでエラー「メソッドをサポートしていません。」の回避処理

今人気沸騰中!テレワーク低糖質ダイエット商品

VBAでOffice2016から新たに追加されたAutoSaveOnメソッド。しかし、未だ2013以前のPCを利用されている方も少なくありません。

そのため、Office2016やOffice365を利用されている方は、自動保存機能がデフォルトでONの状態になっているため、イベントごとで勝手に保存がかかります。

便利で快適に感じる方が多いかもしれませんが、VBAでそのファイル自体に保存をしたくない場合には、この自動保存機能がデメリットになることがあります。

そこで、本章では、VBA処理時のAutoSaveOnイベントでエラー表示される「メソッドをサポートしていません。」の回避処理について解説していきます。

 

自動保存をかけたくない場合はどんな時?

自動保存をかけたくない場合とは、どんな時にあるのでしょうか?実は、下記のような場合に遭遇しました。

 

<自動保存をかけたくない場合とは>

  • VBAで一部データを削除し別ファイルにデータ保存するが、元ファイルを保存したくない場合

 

 

Office365などでは、自動保存がデフォルトでONの御状態です。

ファイルを閉じる前にも自動保存がかかってしまうため、「VBAでソートかけて、VBAで一部データを削除し別ファイルにデータ保存するが、元ファイルを保存したくない。」場合でも、保存されて、ファイルがクローズされてしまいます。

このように、Office365やShare Point上で、データをダウンロードをする際には、ファイルが自動保存され、一部のデータが消えてしまうということありました。

 

Office2013以前のバージョンで「AutoSaveOnメソッド」を実行した時のエラーメッセージ

Office2013以前のバージョンで「AutoSaveOnメソッド」を実行しても下記のようなエラーメッセージが表示されます。

 

その前に、自動保存を解除するための使い方の詳細は下記で確認しておきましょう。

【VBA】自動保存を解除する!AutoSaveOnとEnableAutoRecoverの使い方https://tarmiyan.net/vba-autosave-del

 

<Office2013以前のバージョンで「AutoSaveOnメソッド」を実行した時のエラーメッセージ>

  • オブジェクトは、このプロパティまたはメソッドをサポートしていません。

 

こんなメッセージが表示されます。

Office2013以前のユーザーやOffice2016以降を利用されるユーザーが存在した場合、Office2013以前のバージョンを利用しているユーザーのみ、このメッセージが表示され、VBAの実行処理は、上記メッセージが上がり、処理が中断されてしまいます。

この問題を回避するためには、制御ロジックを組み込む必要があります。

 

Officeのバージョンが異なるユーザーに「AutoSaveOn」メソッドを切り分ける考え方

AutoSaveOnメソッドは、Office2016以降のバージョンの利用者にしか適用することができません。そのため、効果的な対処法には下記の方法が有効です。

 

【Officeのバージョンが異なる利用者に「AutoSaveOn」メソッドを切り分ける考え方】

  • Officeのバージョン情報を取得する

 

AutoSaveOnメソッドを利用する際には、Office2016以降の利用者であるかどうかを判別するための「バージョン情報」を取得する処理を加えてあげれば、AutoSaveOnメソッドを通さずに、自動保存をかけることなく、処理を流すことが可能です。

 

AutoSaveOnメソッドのエラー回避処理

VBAによるAutoSaveOnメソッドのエラー回避処理は、下記のように記述するとよいでしょう。

 

【解説】

こちらの記述は、マクロが実行された各PCのOfficeのバージョン情報を取得するロジックです。このロジックで、AutoSaveOnのメソッドが利用可能なのかどうか、すみわけを行うことができます。

またOffice2013以前のバージョンでは、自動保存がデフォルトでオフになっているため、こうした問題は起こっていませんでしたが、Office365とSharePointを利用される場合に、こうした問題が発生することが確認されました。

 

まとめ

このように、自動保存は非常に便利でありがたい機能ですが、マクロの機能を利用されている方は、利用の仕方によっては、誤ってデータを消してしまうことにもつながりますので、バックアップ対応とソースの記述に一部注意が必要になることを覚えておきましょう。

 

【VBA】IE操作でボタンをクリックする2つの方法

【VBA】IE操作でボタンをクリックする2つの方法

大人気自宅飲み放題!多彩なビールをご自宅で楽しめる【DREAM BEER】

楽天おすすめ商品はこちら

人気急上昇中!累計販売数40万本突破『どこでもミラバス』

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tarmiyan

【実績】ライター歴5年 ブログ歴3年⇒2万PV推移中|【発信内容】▶副業やブログの始め方 ▶ライターとしてのノウハウ ▶生活の有益情報を発信しています。皆様の生活改善にご利用ください。

Copyright© 副業ケアネット , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.