【40代更年期に必見!】コスパ最強&激安おすすめ更年期サプリ3選

2019年12月6日

40代~50代以降ににかけて起こる女性の身体の悩み「更年期」。

朝になんだか頭痛が起こったり、「ここ最近なんだかイライラする。」こんなことを感じた経験はありませんか?

ここ最近、朝が頭痛が起こったり、吐き気等で戻しそうになっていることがあり、また辛くて子供にイライラをぶつけてしまうことがあって、毎日が辛い。もしかしたら更年期の初期症状が現れているかもしれません。

更年期は、女性ならだれしもが経験する道でもあり、その症状の現れた方も様々。あまりにも辛くて寝込んでしまう方もいらっしゃいます。

そんな辛い皆様のために、更年期をサポートできるアイテムを詳しくご紹介していこうと思います。

 

40代以降の更年期とは

そもそも更年期とは、どんなものなのか?

更年期とは・・・

1年以上月経外ない閉経前後の5年間のことを「更年期」といい、

この期間には、人によっても個人差はあり、平均で50歳前後で閉経する方が多いと言われています。

卵巣から分泌される女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が40代頃になると、著しい減少が起こります。

この減少の影響によって、様々な精神異常がみられる。これが「更年期」なんです。

この実際に現れる精神異常も90種類以上とも言われており、その症状の現れ方にも個人差があります。

女性ホルモンの低下は、全ての女性に起こるものですが、決して全ての方が更年期障害の自覚症状がでるわけではありません。

更年期障害には、日常的なストレスや性的ストレスが体の症状に大きく影響したり、身体への異常がないまま過ぎる方も存在します。

ひどい方だと、日常生活がままならない方も存在します。

 

更年期の主な症状とは

更年期の主な症状

 

この更年期の主な症状には、どんな症状があるのでしょうか?そこで、私の嫁は、特に下記のような症状が見受けられました。

<更年期の症状とは>

  • 朝のイライラ
  • 頭痛
  • 吐き気

 

特に生理前になると、この症状のどれかが現れてしまい、その症状が起こった時には、朝の忙しい家事・育児の時間には、夫の協力得て、やることを減らすようにしています。

それでも、6歳と1歳の子供が、朝の準備もせずに、部屋を散らかしていると、どうしてもイライラしてしまい、子供にひどいことを言ってしまうことがあります。

そのため、注意をしますが、それでも、そのイライラが止まらないため、子供のいるところから少し離れさせる時間をとっています。

 

ただそれでも、うちの嫁は、まだひどい更年期ではないように感じますが、人によってその症状の現れ方が異なります。

 

【人によって異なる症状とは】

ほてり、のぼせ、発汗、冷え、めまい、耳鳴り、頭痛、動悸、息切れ、イライラ、不安感、不眠、抑うつ、無気力、肩こり、腰痛、関節痛、疲労感、皮膚症状(乾燥、かゆみ、湿疹など)、腟の乾き、性交痛、頻尿、尿失禁、膀胱炎。

 

このように、人によって現れる症状やその重症度合いが全く異なります。

 

セルフチェックをした結果

実際にあなたが、どのくらいの更年期に該当するのか、下記に何件当てはまるか、確認してみましょう。

 

【セルフチェック結果】

チェック項目 結果
顔がほてる ×
汗をかきやすい ×
顔や手足が冷えやすい
息切れ、動悸がする ×
寝付きが悪い、または眠りが浅い ×
怒りやすく、すぐイライラする
くよくよしたり、憂うつになることがある
頭痛、めまい、吐き気がよくある
疲れやすい
肩こり、腰痛、手足の痛みがある

 

 

 

【結果】

食事、運動などに注意を払い、生活様式などにも無理をしないようにしましょう。

【解説】

更年期は、閉経期前後の女性であれば誰にでも起こる可能性があります。

40代という年齢では、家庭でも子育てに忙しく、ついつい自分の体調を後回しにしがちです。

現在の症状であれば、ホルモン治療や漢方治療で症状が改善する可能性があるので、これらで対処していきましょうその他に、気になる症状があれば、産婦人科で相談しましょう。

 

更年期になる主な原因とは

それでは、どうして更年期という問題が発生するのか、そのメカニズムを解説していこうと思います。

女性の身体は、年々体の老化に伴って、女性ホルモンが減少していきます。その現象がみられる時期が40代前半~50代に多いといわれています。

 

この主な原因は、「加齢」と言われていますので、どうにかできるものでもありません。

年々女性ホルモンの分泌は減少していくため、この影響によって、イライラや頭痛が起こってしまうのです。

そこで、大切なことが、その女性ホルモンの分泌が減少してしまうのであれば、その成分を補ってあげればいい。

そう。更年期をサポートしてくれる成分を補うことが重要なんです。

 

更年期の主な対処法とは

 

そこで、更年期の時期を乗り越えるためには、主に2つの対処の仕方があります。

一つは、ストレスを溜めないための日常生活の工夫をする方法ともう一つはサプリを摂取する方法の2種類があります。

日常的な対処法とは

日常的な対処には、主に下記のようなものが挙げられます。

 

【日常的な対処法とは】

  • トイレにこもって心を落ち着かせる
  • 一人になる時間を作る
  • 少し外の空気を吸わせる
  • ストレスを抱えない環境作り
  • 食生活の改善
  • 運動

 

何よりもイライラするときの原因は、子育ってであったり、仕事ではないでしょうか?

日頃の生活の中でストレスをなるべく抱えない工夫をすることが大切です。その方法に上記のような方法があります。

それ以外にも運動不足や食生活の乱れによって起こる生活習慣病が、血液循環を悪化させて、いっそうエストロゲンを減少させてしまう身体を作ってしまいます。

そうしたことが起こらない様にするためにも、生活改善を図ることが大切になります。

 

 

サプリによる対処法ついて

更年期障害もしくは疑いがある場合には、エストロゲンの減少をサポートするためのサプリメントの摂取も有効です。

その更年期向けの対処方法のもう一つとしてサプリメントによる3つの方法があります。

⇒その方法がこちら!

【更年期障害に有効なサプリ成分は3つ】

✅漢方薬によるイライラ解消法

✅女性ホルモン作用認められた「エクオール」成分の活用

✅女性ホルモン作用認められた「デセン酸」成分の活用

 

それでは、順番にその薬効を解説していきましょう。

 

漢方薬によるイライラ解消法

更年期障害の改善効果が期待されているものに漢方薬があります。

 

 

【更年期おすすめの漢方薬】

✔ 三大婦人漢方薬である当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)、加味逍遙散(カミショウヨウサン)、桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)に含まれる代表的生薬があります。

✔ 駆瘀血効果がある大黄(ダイオウ)

✔ 通経効果がある紅花(コウカ)

✔ 鎮静作用がある吉草根(キッソウコン・カノコソウ)

 

などが挙げられます。これらの生薬が、身体の血行や気の改善をもたらすものとして様々な薬用成分としても利用されています。

 

女性ホルモン作用認められた成分「エクオール」

更年期に直面すると女性ホルモンの減少はだれしもが通る道です。

しかし、これを悪化させないための方策の一つにその症状を和らげて上げることが非常に重要です。

その対策の一つとして、女性ホルモンに似た成分に「エクオール」があります。

これは、大豆イソフラボンに含まれている成分で女性ホルモンに似た働きをすることで注目されています。

特に、毎日10mg程摂取することで、更年期障害の改善、骨粗しょう症や肥満改善等の効果が期待されています。

但し、エクオールは、乳酸菌の分解する働きによって、その効果を発揮するため、乳酸菌と一緒に摂取することで、その更年期の改善効果が得られことがわかっています。

 

女性ホルモン作用認められた成分「デセン酸」

そして、もう一つが「デセン酸」です。

これは、「はちみつ等でもおなじみのローヤルゼリーに含有されている成分の一つ」です。

デセン酸は、女性ホルモンのエストロゲンに似た成分の一つで、更年期障害による女性ホルモン分泌を補い、そのバランスを正常な状態に整える機能と自律神経に働きかける効果があり、イライラ解消につながります。

その他にも肥満予防や免疫力向上、抗菌作用、癌の改善等様々な効能を秘めた力が期待されている成分でもあります。

 

このように、更年期の疑いや更年期障害がある場合のサプリメントによる対処方法として、色々な栄養成分が

 

更年期におすすめコスパ最強サプリ3選!徹底比較

そこで、更年期のあなたに、なるべくお安く始めることができて、かつその効果や人気が高いおすすめのサプリを3つご紹介していきましょう。

1位:命の母A

日常的な疲れ・イライラ等の更年期の方におすすめ「命の母A」

価格:1852円

数量:420錠

 

更年期特有の急な汗、イライラ・肩こり等に昔から利用されている「命の母A」です。近年では、命の母®ホワイト等更年期前の若者向け(対策用)等も商品化されています。

特に、更年期に差し掛かっている方には、命の母Aがおすすめです。その中でもコストパフォーマンスが非常に高い商品をピックアップしております。

特に、この金額で、420錠入っているのは、ここが一番最安値ですので、ぜひご活用して下さい。しかも、効能は同じですので、安心してご利用いただけます。

 

【■命の母Aの有効成分】

✅三大婦人漢方薬である「トウキシャクヤクサン」「カミショウヨウサン」「ケイシブクリョウガン」配合

✅駆瘀血効果がある「ダイオウ」

✅通経効果がある「コウカ」

✅鎮静作用がある「キッソウコン・カノコソウ」

✅神経障害の改善効果がある「ビタミンB群」

✅神経伝達を正常化する「大豆レシチン」

✅細胞を正常に保つ働きを持つタウリン

 

 

命の母Aには、蒸気の生薬が配合されており、かつビタミンB群等も入っているため、イライラ等の神経障害の改善には非常に効果的なアイテムです。

但し、命の母は第2類医薬品に該当します。

※大黄(ダイオウ)は緩下効果があり、胃腸に負担をかける可能性があるため、胃腸が弱く、消化器系の既往歴をお持ちの方は、確認しながら摂取するようにしましょう。

 

2位:高麗美人

6年連続モンドセレクション金賞受賞「高麗美人」

価格:2846円

特徴:98種類の成分配合

 

次に、おすすめなのが、高齢美人です。

ここ近年その改善効果に期待されて人気が出ている商品です。特に、大豆イソフラボンの成分の一つであるサポニンの含有量が高いです。

またその成分のみならず、自律神経を整えるビタミンや体を作るアミノ酸やミネラルが豊富に含まれてており、その成分の種類は、全部で98種類存在します。

副作用がなく、安心して利用することができるため、継続しやすく、人気を集めている商品です。

 

3位:ミツバチの恵みとろり

ローヤルゼリーはこの価格じゃ買えないおすすめ「ミツバチの恵みとろり」



価格:1845円

 

これらの商品は、その他の更年期サプリメントよりもかなりお安くお買い求めできる商品をピックアップしています。しかも、どれもその効果の高い評価を受けている、人気の商品のみを厳選しております。

成分によっても、あなたへの愛称が異なります。胃腸が弱い方は、命の母だと、身体の不調を招く可能性がありますので、そうした場合には、高齢美人を試しましょう。

また命の母や高麗美人は、主に漢方薬とビタミンを使用している成分が多く配合されていますが、一番大切なことは継続して続けていけることです。

味が苦手で続けることができない。飲んでて楽しくないことも続かない原因の一つとなってしまいますので、ぜひ皆様のお口にあった商品を選ぶようにして下さい。

デセン酸を含むローヤルゼリーは非常にアメのような感覚で摂取できますので、こうしたサプリを利用しておいしく、楽しみながら、続けていくのもすごく大切なんですよ~。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?更年期障害は、決して他人ごとではありません。エストロゲンは、年を重ねるごとに分泌量が減少し、体調の異常が現れるものです。

そんな時に大切なことが、「イライラを解消する成分」もしくは「エストロゲンに似た成分」のどちらかを摂取することで、その体の異常を軽減することが可能です。

自分の身体にあったサプリメントを上手に活用して、辛い更年期の時期を乗り越えていきましょう。