生活情報

2021/10/8

コスパ最強激安コンタクト!アットスタイル超おすすめ4箱セット6千円

  日常生活で欠かすことができない「コンタクトレンズ」。現代の日本及び世界でもコンタクトレンズの利用者は、全体の「7~8割」とも言われており、非常に視力の低下が懸念されています。   そのため、コンタクトレンズの需要は拡大し、利用率も高くなっています。 ただその日常的に利用するコンタクトレンズの値段もやはり高くなっており、日常生活を苦しめる家計の出費の一つとなっています。 そこで、私自身もかなり格安で利用できるコンタクトレンズを1つ発見し、今私自身も愛用しているコンタクトレンズとして、 ...

ReadMore

テレワーク 生活情報

2021/9/14

おすすめWEBカメラ5選!テレワークのweb会議にスムーズになる

テレワークで必要不可欠な「WEBカメラ」。特に、打ち合わせが必要な時にはWEBカメラの機能がないと、会話の内容が理解しづらいことも。   会社のPCにWEBカメラが内蔵されているものが貸し出されていればいいのですが、企業によってはそうした対応ができないことも。そんな時にはWEBカメラを購入しなくてはいけません。   悩む女性1 ただどんなWEBカメラを選んだらいいの? わからない方も少なくありません。 そこで、WEBカメラの選定ポイントについて詳しく解説すると共に、おすすめのWEBカメ ...

ReadMore

テレワーク 生活情報

2021/9/8

テレワークに癒しの空間を捻出するおすすめソファー5選!

  テレワークの頻度が高くなる中、腰痛や肩こりの悩みなどを抱える方も少なくありません。また長時間の座り姿勢から、座ること困難になる方も。そんなテレワークにおいても癒しの空間は非常に大切です。   そこで、テレワークで疲れた時に、テレワークの合間にちょこっと癒しの空間を捻出するソファー。 そんなおすすめのソファーを5つ厳選してご紹介していきましょう。   目次1 テレワークに癒しの空間を捻出するおすすめソファー5選!1.1 1.LOWYA  リビング カウチ ソファセット 3人 ...

ReadMore

テレワーク 生活情報

2021/10/18

おすすめ卓上空気清浄機5選!コロナ禍やテレワーク環境をクリアにする

  コロナ禍やテレワークの中で室内の空気をクリアに・リラックスできる環境を作ることはすごく大切です。そのおすすめのアイテムとして効果的なのが「卓上空気清浄機」です。 空気清浄機のマイナスイオンを利用してリラックスできる環境を作っていくことが大切です。   そこでおすすめ卓上空気清浄とその魅力について解説していきます。   目次1 テレワークが潤うおすすめ卓上空気清浄機5選1.1 シャープ プラズマクラスター イオン発生機1.2 SEZAC空気清浄機1.3 Aroma Room ...

ReadMore

テレワーク 生活情報

2021/8/29

おすすめ両開き冷蔵庫5選!テレワークで利用頻度が高い冷蔵庫を快適に

テレワークで在宅にいる時間が増え、冷蔵庫の利用頻度が高くなったと感じる方も多いのでは? 冷蔵庫を購入したい方や冷蔵庫を買い替えたい方に向けに、実際に利用して非常に便利と感じた「両開き」の冷蔵庫について、「利用メリットや感想」・「おすすめの両開き冷蔵」を厳選してご紹介していきましょう。   目次1 両開き冷蔵庫の利用メリット2 両開き冷蔵庫と観音開き冷蔵庫の違い3 テレワークで冷蔵庫を変えよう!おすすめ両開き冷蔵庫5選3.1 シャープ SHARP 冷蔵庫 プラズマクラスター(幅68.5cm) 50 ...

ReadMore

テレワーク 生活情報

2021/8/26

テレワークのニーズに合うおすすめチェア5選!腰痛ケア・捗る・休める

  テレワークの環境を改善することは非常に大切。そんな中で特にチェアとデスクの2つの改善をするだけでテレワーク環境は劇的に変わり、作業効率も大幅に改善します。 チェアにおいて大切なことは自分にあったものを選ぶことが大切。特に業務効率に注力するばかりでなく、休憩時間に少しでもくつろげるようなチェアであるとより快適にチェアを利用できるようになります。   そこで、本章ではテレワークに最適なおすすめチェアを厳選して5つご紹介していきましょう。   目次1 テレワークに最適おすすめチ ...

ReadMore

生活情報

2021/9/9

コロナワクチン接種に向けた対策アイテム8選!辛い風邪を乗り切ろう

  現在流行が病まないコロナウィルス(COVID19)。コロナワクチン接種が進む中で、その副作用にも個人差があるようです。 私自身もコロナワクチンの摂取をした中で、1回目の摂取で腕の痛みがあり、また2回目では少々高めの熱が出ました。 症状がひどい方でも酸素が必要な方や熱がかなり上がってしまう方もいて、会社の中で、5日以上お休みされていた方もいました。   インフルエンザみたいで辛かった。もう嫌だと言っていた方もいましたね。 管理者   コロナワクチン接種を行う場合には、摂取に ...

ReadMore

生活情報

2021/9/9

コロナ禍で自宅に一台必須!おすすめパルスオキシメーター厳選5選

コロナ禍(COVID19)の影響に伴い、病院のひっ迫問題が重なり、病院で治療が行えなくなっています。そんな時に自分の身体は自分で守るための対策の一つとしてパルスオキシメーターの導入が一家に一台欠かせない時代になってきています。 悩む女性1 そこで、パルスオキシメーターとはどんなものなの? どんなものをもっていればいいのか そこで、パルスオキシメーターの選定ポイントや使い方、そしておすすめパルスオキシメーターを厳選して5つご紹介していきましょう。   目次1 パルスオキシメーターとは2 オキシメー ...

ReadMore

フィッシャー症候群 病気

麻痺と運動失調の違いとは?難病を患った実体験を元に徹底解説

今人気沸騰中!テレワーク低糖質ダイエット商品

「運動失調と麻痺って、何が違うの」?と感じたことはありませんか?私は、2年前から難病を患い、下半身に少し足のコントロールが効かなくなりました。

そんな時に最近よく考えるのが、これって、麻痺なの?運動失調なの?っていう疑問に直面してしまったんです。

そこで、この麻痺と運動失調の違いについて私の実体験をベースに解説していきましょう。

 

麻痺と運動失調の違いの悩みはこうして生まれた

 

まず私が「麻痺と運動失調は何が違うの?」という悩みが生まれた原因は、私が患った難病指定されない難病ミラー・フィッシャー症候群の後遺症から、この疑問を感じるようになりました。

後遺症として、少し下半身の動きにコントロールを失ってしまい、バランス感覚がなくなってしまったんです。

その時に残ってしまった後遺症をずっと経過観察していますが、医者からの毎回の診察において、聞く言葉は、歩行感覚の麻痺ではなく、運動失調といわれるのです。

 

悩むサラリーマン1

んんん???運動失調って、なんだ???

私は、足が完全に動かしづらくて、ずっと突っ張ったような感覚でした。

管理者
悩むサラリーマン1

これは、麻痺じゃないの?

しかし、ずっと神経内科の専門医は、運動失調と診断を下しています。いったい何が違うのか?こうしたことから生まれた言葉なのです。

管理者

 

そこで、実際に、麻痺と運動失調の定義に関して振り返り、実体験をもとに分析してみました。

 

麻痺とは

それでは、「麻痺の定義」についてウィキペディアで確認しておきましょう。現在の定義はこちら。

 

 

麻痺の定義とは・・・・

麻痺(まひ、痲痹とも)とは、一般的には、四肢などが完全に機能を喪失していることや、感覚が鈍って、もしくは完全に失われた状態を指す。

 

比喩的に使われることも多く、「金銭感覚が麻痺する」「交通麻痺(=極度の交通渋滞や災害等により、道路機能が失われること)」などの用例がある。

医学用語としての麻痺は、中枢神経あるいは末梢神経の障害により、身体機能の一部が損なわれる状態をさす。

例えば運動しようとしても、四肢などに十分な力の入らない・四肢の感覚が鈍く感じる状態(不全麻痺)、またはまったく動かすことができない・感覚がまったく感じられない状態(完全麻痺)を指し、一般用語の不随に近い意味を持つ。

参考文献:麻痺の定義wikipedia

 

このように、麻痺という表現は、運動機能がもとに戻らない状態を示す表現として利用されています。

 

運動失調とは

それでは、「運動失調の定義」についてもウィキペディアで確認しておきましょう。現在の定義はこちら。

 

運動失調とは・・・・

運動失調とは、一般に、四肢、体幹の随意運動を調節する機能が障害された状態を指す。

神経学では協調運動障害といい、原則としては筋力低下は伴わない。麻痺があれば、運動障害がおこるのは当たり前だからである。協調運動に最も関与しているのは小脳と考えられている。

同じ錐体外路である大脳基底核の障害では運動失調も起こりえるが、不随意運動の方が目立つことが多い。

参考文献:運動失調wikipedia

 

このように、運動失調という表現は、運動機能に障害を負ったという表現で利用されるため、治る可能性があることが示唆されています。

 

麻痺と運動失調の違いとは

麻痺と運動失調の違いには、大きな違いはないように感じるのですが、

2つの違いは、下記のような違いが識別できます。

 

◆運動失調とは・・

筋力低下に関わらず、その運動機能もしくはそれをつかさどる小脳に障害が生じているが、治る可能性をがあることが示唆されています。

 

◆麻痺とは・・・

これに対して、麻痺というのは、その運動機能が失われてしまっている状態のこと。これを麻痺と呼んでいます。

 

 

つまり、これらを読んでみてもわかるように、麻痺は、その機能がほぼ失われている状態を指し、治る可能性が示唆されない状態にあります。

これに対して、運動失調とは、一時的な運動機能の障害が生まれているにも関わらず、治る可能性があることが示唆されています。

 

注意ポイント

状態:麻痺 > 運動失調

 

このように、麻痺の方が、明らかにひどい状態であることがわかりました。

 

運動失調ってどんな感じ?体験談から徹底解説!

それでは、実際に、運動失調を患った時の、その実体験について解説していきましょう。

 

たしかに、いま自分自身が、運動失調というものを実際に体験をしてみて、確かに、身体の機能障害は発生しているものの、完全に動かないわけではない。

現在も、バランス感覚が少し失われているが、杖を突きながらも歩けています。

 

全力で走ることはできないため、やはり障害はあるものの、走れないわけではない点。こうした点からも考慮して、これを「運動失調」と呼ぶことが、ようやくわかってきました。

 

また私の場合、疲れを生じると、片側のまぶたの動きにコントロールが鈍り、うまく動かなくなります。

 

動きながら携帯を見たりすると、健常時よりも歩行に少しふらつきがあり、頭がフワフワするような感覚がでるため、やはり脳にダメージをおったんだな~っていうのが、なんとなくわかります。

 

まとめ

このように、麻痺と運動失調の違いについて、言われてみると、案外わからない方も多いかと思います。

人間の身体ですので、運動失調と診断されても、その状態が必ずしも治るとは、言えませんが、私自身も少しずつ動けるようになってきています。

治る感覚が直にわかるわけではないですが、知らず知らずのうちに、時間の経過とともに一つ一つのことがができるようになってきています。

運動失調と診断されているあなた。ショックな思いもあるかと思いますが、ぜひ日々のケアを行いながら、治ることを信じて、前を向いて生きていきましょう。

大人気自宅飲み放題!多彩なビールをご自宅で楽しめる【DREAM BEER】

楽天おすすめ商品はこちら

人気急上昇中!累計販売数40万本突破『どこでもミラバス』

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tarmiyan

【実績】ライター歴5年 ブログ歴3年⇒2万PV推移中|【発信内容】▶副業やブログの始め方 ▶ライターとしてのノウハウ ▶生活の有益情報を発信しています。皆様の生活改善にご利用ください。

Copyright© 副業ケアネット , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.