ワードプレスのメニュー変更による403エラー!エラー原因と対処法

WordPress(ワードプレス)によるメニューの変更を行うと出る「403エラー」。

ユーザー
ユーザー

  • エラーが出てメニューの変更できない。
  • どうやって直したらいいの?

今回は、そんな悩みにお答えしていこうと思います。

また当記事で解説しているエラーの対処法は、あくまでワードプレステーマ「Luxeritas」と利用サーバー「ロリポップ」をベースとした設定の変更・対処法になります。その他の利用されているサーバーに関するWAFの設定・解除方法は、各サーバーにてご確認して下さい。

403エラーの原因について

それではまず、どんなエラーメッセージなのかみていきましょう。

 

このエラーは、Wordpressテーマ「Luxeritas」でこのエラーが確認されていますが、その他のテーマでも同様に確認されているようです。

 

エッラーメッセージの補足

エラーコードの番号の基本的な知識も解説しておきましょう。

<エラー表示の事例>

エラー表示事例エラー表示内容
基本エラーコード:403サイト作成時による負荷
基本エラーコード:503サイトへの同時アクセス負荷
基本エラーコード:404ページが見つからない場合

 

があります。この403エラーの場合には、基本的にはサイトを作成しているときのエラーメッセージが、「403エラー」に当たります。

サイトへのアクセス負荷によって落ちる場合には、「503エラー」が出るようになります。

 

サーバーのWAF設定を解除しよう!

このエラーの対処は、「サーバー側にあるWAFの設定を解除しましょう。」

こうすることで、メニューの設定が有効化されます。

エラーの原因は、これ一つのみですので、変更を見直していきましょう。

設定変更は、

 

WAFについて

そもそもこのWAFというのは、どんな機能なのでしょうか?

WAFとは・・・・

「Web Application Firewall」の省略形で、Webアプリケーションのぜい弱性をついた攻撃からWebサイトを保護するセキュリティ対策の1つです。

セキュリティ対策は基本3つの機能の元に構成されており、「IDS」「IPS」「WAF」の3つの機能があります。

守ることができない不正なアクセスや攻撃から、IDS/IPSのファイアウォールが、IPとポートを守ります。

またIPSは、プラットフォームレイヤーを防御し、WAFは、アプリケーションレイヤーを守ります。この3つの制御機能が正常に働くことで、セキュリティを強化することができるのです。

 

WordPressのメニュー変更時に出る403エラーの3つの対処法

それでは、実際に3つのエラーの対処法について詳しく見ていきましょう!

 

<Wordpresのメニュー変更時に出る403エラーの3つの対処法>

  • サーバーのWAF設定を「有効→無効」にする
  • しばらく待機する
  • 「.htaccessファイル」と「FTPアクセス制限」のIPアドレスの記述

 

 

1.サーバーのWAF設定を「有効→無効」にする

 

2.しばらく待機する

続いて、サーバーのWAF設定を変更したら、しばらく待ちましょう。待機時間は目安5~10分程度したら、再度メニューを変更してみましょう。

メニューが更新されます。

 

まず覚えておいてほしいのは、基本的にこの1,2までの対処で状況は改善されるかと思います。それでも、改善されない場合にのみ、3を試していきましょう。

 

3.「.htaccessファイル」→「FTPアクセス制限」のIPアドレスの変更

ロリポップでは、「FTPアクセス制限」というそのアクセスを制限かける機能をもっています。

下記をご確認下さい。

 

その制限項目には、IPアドレスの入力項目が設けられており、こちらの項目とロリポップの「.htaccess」に記載されているIPが同じものに関しては、制限がかけられています。

全て制限をかけないように直接設定を変更することで解決できる場合があります。

■<「.htaccessファイル」の修正前>

 

■<「.htaccessファイル」の修正後>

 

但し、こちらはプログラムを直接修正する内容になります。なるべくなら、ここの修正は避け、先に1と2の2つを対応した後で、やるようにしましょう。

又プログラムを修正した後で、画面がまた固まってしまうことも。。。そんな時、以前の状態に必ず戻せるように変更した箇所を覚えておくことが大切です。

 

対処法のポイントについて

WAF設定を行ったら、すぐにメニューを変更しても反映されません。

サーバー側の更新が完了してからのようですね。

なので、サーバーによっても更新されて、設置が反映されるまでに時間を要するようなので、落ち着いて対応するようにしましょう。

またWAFの設定は、セキュリティの観点から非常に重要な設定で、ウィルス対策のためにも常に有効化することが大切ですのでメニューの変更が完了したら、また有効化するようにしておきましょう。

まとめ

このように、ワードプレスによる「403エラー」は、WAF設定による影響が大きいようです。

このエラーが出た場合には、WAFの設定を一度無効化して確認してみましょう。

またサーバーによっても、このエラーの繁栄時間が異なることがありますので、詳しくは別途サーバー側に確認しましょう。

【おすすめ:WordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」について
     ※ブログを始めるなら絶対おすすめ【特典あり】


私も新たなサイト【育チルnet」にて、検索エンジンの上位の多くを占めると言われるSEO対策に強いWordpressテーマを導入してみました。

無料テーマから有料テーマにしただけなのに、0円だった収益が2~3万円まで上がったんです!

正直驚きでした!実際に利用した所感は、デザイン性能がかなり整っていますし、表示速度もやっぱりかなり速いです。人気なWordpressテーマなだけはあると感じました。

無料のテーマでも私は悪いとは思っていませんが、やはり検索エンジンからの評価はだいぶ違いました。

初めて数ヶ月ですが、もうすでに検索エンジンから大きく表示されるようになっています。

どうせやるなら、しっかりgoogle社からの評価を受けられる整えられた環境でブログ運営する方が絶対にいいと感じたため、当サイトをご覧下さった皆様にもお伝えさせて頂きました!

Wordpressテーマを新たにご検討方は、今しかない期間限定の特典も付いていますので、お早めにご確認下さい。

レビュー

公式サイト



 ←ためになったら押してね^^