Luxeritas(ルクセリタス)の使い方-メタ情報の表示位置?わかりやすく図解解説しよう!【初心者向け】

2019年6月20日

 

Luxeritas(ルクセリタス)の外観設定にある「メタ情報の表示位置」という項目の使い方。この項目はいったいなんのために利用されるのでしょうか?そこで、このメタ情報の使い方を図解でわかりやすく解説していきましょう。

 

「メタ情報の表示位置」の項目位置とメタ情報ってなあに?

まず「メタ情報の表示位置」の項目は、下記の位置にあります。

設定項目位置:「Luxeritas」⇒「カスタマイズ(外観)」⇒「メタ情報の表示位置」

 

その中の情報項目を見ていくと、下記のような項目が表示されています。

メタ情報とは・・・・・

メタ情報の項目位置とは、いったいどういう情報なのかというと、「投稿ページ」「固定ページ」の上下に表示される日付やカテゴリー、タグ情報等がこれに当たります。

それでは、実際に画面に基づいて図解解説していきましょう。

 

Luxeritasのメタ情報の表示項目内容について

メタ情報の表示設定項目には、大きく分けて、「投稿・固定ページ」と「一覧タイプ」の2つの項目があります。

<メタ情報の表示設定項目>

投稿・固定ページ ⇒「記事タイトル下のメタ情報」「記事下のメタ情報」

・一覧タイプ    ⇒「記事タイトル下のメタ情報」「抜粋上のメタ情報」

 

大きく分けると2つの項目ですが、実際に設定するとなると記事の上下に設定が可能ですので、4つの項目に設定することができます。まずは投稿・固定ページの場合から。。。

①投稿・固定ページの場合

<記事タイトルの下の場合>

このように、記事タイトルの下に、上記チェックを入れた項目の日付やカテゴリー等の表示内容がセットされることになります。

<記事下の場合>

このように、記事一番最下部にチェックした項目が表示されるようになります。上記のようにカテゴリーやタグにチェックが入っている場合には、投稿時にカテゴリー登録やタグを登録した情報が全て表示されます。

 

②一覧タイプのページの場合

続いて、「一覧タイプのページ」の場合、表示方法は投稿ページと基本的に同じになりますが、一覧ページの表示の設定になりますので、TOPページやグローバルメニューのカテゴリー別に分かれたタブページの場合の時の設定になります。

下記をご覧ください。

このように、カード型やタイル型で表示されているような投稿記事が複数存在しているようなページの表示に適用されます。設定は、投稿記事と同様ですので、同じように上下に表示されます。

一覧ページにある場合には、カテゴリー等を表示していると、なんの内容が書かれているのか全体像が把握しやすくなると思いますので、「カテゴリー」にチェックがあるといいかもしれませんね。

まとめ

このように、Luxeritas(ルクセリタス)のメタ情報は、投稿記事の内容に直接的な影響を与える部分ではないので、設定そのものに重きを置く必要性はないと思います。

但し、いつ更新された記事なのか?どんなテーマの内容なのかをすぐにわかりやすくしてあげることが、読み手にとって、とても喜ばれるものだと思います。見やすい記事を心掛けながら上手にメタ情報をカスタマイズしてみて下さいね^^