Luxeritas(ルクセリタス)の使い方-コンテンツ領域とサイドバーをわかりやすく図解解説しよう【初級編】

2019年7月11日

Luxeritas(ルクセリタス)のカスタマイズ(外観)の設定項目にある「コンテンツ領域とサイドバー」の使い方。皆様は、コンテンツ領域やサイドバーとはどの部分のことがご存じですか?

そこで、これらの項目が実際にどのような項目で、どのような設定があるのか図解を交えてわかりやすく解説していきましょう。

コンテンツ領域とサイドバーとは

まず皆様は、コンテンツ領域とサイドバーというのは、どこの部分を指しているかご存じでしょうか?まずこの2つの部分がどこを指すのかしっかり把握しておきましょう。。。

●コンテンツ領域

コンテンツ領域は、投稿記事を表示するための部分です。

●サイドバー

サイドバーは、検索項目や新規投稿記事や過去の記事を表示するアーカイブ等を表示したり、その他にHTMLリンク等を表示するのに用いられます。

 

コンテンツ領域とサイドバーの設定項目位置

それでは、まずコンテンツ領域とサイドバーの設定項目位置を確認していきましょう。

設定箇所:「Luxeritas」⇒「カスタマイズ外観」⇒「コンテンツ領域とサイドバー」

 

コンテンツ領域とサイドバーの設定項目内容

「コンテンツ領域とサイドバー」は、全部で4つの項目に分かれており、主にコンテンツ領域の外観とサイドバーの外観を設定します。

<コンテンツ領域とサイドバーの設定項目内容について>

  1. コンテンツ領域
  2. コンテンツ領域のパティング
  3. サイドバーウィジェットの幅
  4. サイドバーの位置

それでは、それぞれの設定項目について図解で解説していきましょう。

コンテンツ領域に枠線をつける

この枠線にチェックを入れることで、投稿記事の一つ一つに枠線が表示されます。

当然チェックをはずした状態だと、下記のように枠線が表示されません。

続いて、「ページャー」という項目について解説していきましょう。コンテンツ領域にあるページャーとは、ページ数の一覧が表示される部分になります。コンテンツ部分の一番下の項目をご覧ください。

<コンテンツ部分(投稿部分)の一番下の項目>

ここが、記事投稿数を表示する「ページャー」という項目になります。覚えておきましょう。

 

サイドバーウィジェットの幅

「サイドバーウィジェットの幅」では、カラム数に応じた2カラム or 3カラムに応じたサイドバー領域の「カラムの幅」を調整することができます。カラムというのは、赤枠部分のことを言います。

このカラム数は現在2カラムですので、この場合には、2カラムが適用されます。そのため、左側部分の「2カラム目」の設定値を変更します。逆に3カラムの場合には、その下の3カラムの数値を変更することになります。

 

カラム数は、こちらのカスタマイズ(外観)の「カラム操作」という項目で設定変更が可能です。

⇒「カラム操作の使い方」はこちら!

 

サイドバーの位置

そして、もう一つの設定にサイドバーの位置設定があります。ここで外観を設定する上で重要な項目として、「サイドバーを枠線で囲む」にチェックを入れてみましょう。すると、赤枠分に線で囲まれます。

 

しかし、実際に設定を見てみると、あまり線が表示されているように感じません。これは、枠線色を設定する項目が別に存在するためです。きちんと枠線色を付けたい場合には、また設定を行っていきましょう。

まとめ

このように、コンテンツ領域とサイドバーの設定は、外観設定の一部の設定にすぎません。コンテンツとサイドバーを枠線で仕切りをつけることで、投稿記事やウィジェットをより見やすくすることができますので、ぜひサイト制作のカスタマイズに活用していきましょうね。