おすすめ無料コピペチェックツール【CopyContentDetector】の魅力とは

SEO対策に重要な「コピペチェック」。記事を作成する際に絶対あってはならないのが、コピー記事です。他サイトのコピーした内容の記事にしても上位表示することはありません。

今の時代はそれだけ、コピペ記事は厳しいものになっています。そうした記事を絶対ださないためにもコピペチェックツールがあります。そのチェックツールの一つに、「CopyContentDetector」があります。

それでは、このチェックツールの魅力についてご紹介していきましょう。

 

コピペチェックツールには12種類以上ある

コピペチェックツールには、12種類以上のファイルが存在しますが、私は、有料版を使ってまでコピペチェックツールは使わなくてよいものだと思っています。

実際に、今までサイトを運営していて、そこまでのコピペチェックに重きを置かなくても上位表示するからです。

 

CopyContentDetectorがおすすめな理由とは

私がこのCopyContentDetectorをおすすめする理由はただ一つです。それは。。。

・無料だから

これだけです。コピーチェック自体に重きをおいて執筆に時間を費やせなくなるのはナンセンスです。コピーチェックは、必ず行う必要性はありません。自分で執筆した記事なら、コピペチェックをする必要性がありますか?ありませんよね。

必要に応じてコピペチェックを行うようにしましょう。

 

記事を量産する場合にはコピーチェックを必ず行おう

コピペチェックが必要な場合には、主に下記のような場合が挙げられます。

<コピペチェックが必要な場合>

・記事を量産したい場合

・他のサイトを参考に執筆している場合

こんな場合には、必ず同様の内容が含まれているサイトがないかどうか確認する必要があります。またその他のサイトも参考にしている場合も同様に同じような内容がないかどうか確認するようにしましょう。

 

CopyContentDetectorの使い方

それでは、CopyContentDetectorの使い方を簡単に解説していきましょう。

<CopyContentDetectorの使い方>

1.text内容貼り付けて、チェック

2.コピーチェック解析

 

このように、自分が作成した記事を上のテキスト項目部分に貼り付けて、実行を押すだけです。これで解析がスタートします。

 

1.執筆内容を貼り付けて、チェックを開始しましょう。

OKを返して、解析開始しましょう。

 

2.コピーチェック解析中です。

3つの項目部分を解析表示が「完了」になったら、コピペチェックが完了になります。次に真ん中の割合部分を確認しましょう。3つの合計の割合が50%以内が最低条件レベルです。40%以内に収めるのが理想的です。

これで、コピペチェックは、完了です。

コピペチェック自体にお金をかけるなら他にかけよう!

1つだけ大切なことをお伝えしておきます。コピペ記事は絶対NGです。というか、当たり前と思っていてください。これ以上は、言いません。テストと一緒です。

但し、内容を参考にすることはあると思いますので、参考にしたサイトがある場合にはコピペチェックツールを活用して、コピペ記事にならないようにチェックはしておきましょう。

但し、有料のものを使う必要性はありません。そこにかける費用があるなら、別にかけましょう。

・サーバー代金や独自ドメインを分散して取得するとか、ワードプレスを有料化する等、こうしたことにかける方が、SEO対策にもなると思いますよ。

CopyContentDetectorは有料にもできる

CopyContentDetectorは、4000文字以上じゃなければ、無料で使用することが可能ですが、4000文字以上の入力が必要な場合には、有料版にも変えることが可能ですので、その辺は、個人の利用目的に従って、ご利用下さい。

まとめ

このように、コピペチェックは大事なツールの一つですが、このソフトに重きをおく必要性はありません。コピペ記事を出さないようにするための確認を行うためのツールとして活用していきましょう。