【Adsense警告】ads.txtファイルが含まれていないの時の設置方法をわかりやすく解説!

2019年6月26日

Google Adsenseのads.txtの警告メッセージ。「ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないように、この問題を今すぐ修正して下さい。」って言われても、どうやるの?

そこで、このメッセージの意味とads.txtの設置方法・対処法についてわかりやすく解説していきましょう。

ads.txtファイルのエラーメッセージについて

「ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないように、この問題を今すぐ修正して下さい。」このメッセージは、googleアドセンスにログインすると、下記のように表示されます。

このメッセージが表示されたら、赤枠部分の下の「ヘルプ」を見て、詳細を確かめていきましょう。

 

ads.txtファイルが含まれていないって?

それでは、このads.txtファイルが含まれていないって、どういうことなのでしょうか?

ヘルプを見ると、下記のように書かれているんです。

なんのこっちゃ?ですよね。

簡単に説明すると、この対策は、広告にも様々な種類があるように、その中でも、実際の広告を装い、広告費を騙しとるための広告詐欺が多数存在するようです。

こうした問題を解決すべく、ads.txtを設置することで、広告詐欺を防止するための対策法として、この仕組みが導入されているようですね。

 

ads.txtファイルの作り方と設置方法とは

それでは、ads.txtファイルを作成して、その対処法をわかりやすく解説していきましょう。作成手順は、以下の通りです。下記に従って、ads.txtファイルを作成して、レンタルサーバーに保存していきましょう。

<ads.txtファイルの作成手順>

  1. ads.txtファイルを作成する
  2. ①の1行を追加する
  3. googleアドセンスの自分の運営者IDを確認する
  4. ads.txtの運営者ID「pub-000」部分を置き換えて、ファイルを保存する
  5. 自分のレンタルサーバーにads.txtファイルを格納する

 

1.ads.txtをまず作って下さい。デスクトップで作成して、ファイルを開きましょう。

 

 

 

2.googleアドセンス画面の「エラーメッセージ」⇒「ヘルプ」を開くと、下記画面が出てきます。赤枠部分の②の1行を丸ごとコピーしましょう。

下にコピー部分を記載しましたので、こちらをコピーして下さい。

 

3.それでは運営者IDの確認です。確認する際には、googleアドセンスの画面から「アカウント情報」を確認しましょう。運営者IDが記載されています。

 

4.ads.txtファイルの「pub-0000」部分を書き換えましょう。

ads.txtの「pub-0000」部分を先ほど確認した運営者IDのコードに書き換えてから、保存しましょう。

これで、ads.txtファイルの完成です。続いて、このファイルをレンタルサーバーに保存していきましょう。

 

5.自分のレンタルサーバーにads.txtファイルを格納しましょう。

ここでは、ロリポップの格納方法くぉご紹介していきます。

格納先:独自ドメインの直下に保存(例:http://aaa.com/ads.txt)

まずは、自分の独自ドメインがどこのフォルダを指しているのかを確認しましょう。下記のように自分の独自ドメインの公開フォルダ(格納先)を設定していると思いますので、その指定したフォルダの直下に格納しましょう。

確認方法:「独自ドメイン設定」⇒「公開フォルダ」

 

公開フォルダ:test

とした例で解説すると、ここが独自ドメインの全てが格納されることになりますので、

 

格納先:test/ads.txt

ここに、先ほど作成したads.txtファイルをアップロードして、保存しましょう。

 

正しくアップロードできたか確認しましょう。

 

このファイルがきちんとアップロードができたかどうかは、下記URLで確認することが可能です。

⇒確認用URLはこちら:https://fe.datasign.co

にアクセスして自分のURLを入力して、きちんと登録できているのか確認していきましょう。

これで、エラーが表示されなければ、登録は完了です。翌日24時間後以降にgoogleアドセンスでエラーメッセージが消えていればOKです。

ads.txtの検査でUTF-8のエラーメッセージが出た場合

もし上記のような「UTF-8で作成して下さい。」等のエラーメッセージが表示された場合、下記サイトよりご確認下さい。

googleアドセンスのads.txtチェック-「UTF-8で作成して下さい。」のエラー原因と対処法

 

まとめ

このように、googleアドセンスのads.txtは、広告詐欺を騙しとるための詐欺防止のための対策として、こうした登録を推奨しています。

こうした登録を怠ることで、クリック単価の低下等にもつながり、自分の収益にも影響が出る可能性があります。なるべくこうした影響を受けないように登録するようにしておきましょう。