プログラミング初心者の独学は困難?初心者おすすめの勉強テクニック

2020年2月3日

 

プログラミング初心者が、プログラミングを始める際に独学でやってみようと、挑戦される方。その意気込みはすごく大切です。

プログラミングはすごい簡単!等とYouTube等でホリエモンが宣伝されている動画がアップされていますが、それって、本当?って思われる方も多いかと思います。

そこで、プログラミングが、本当に独学でもできるのかどうか、その本質についてお伝えしていこうと思います。

 

プログラミング初心者でも簡単?

 

ホリエモンが「プログラミングはマジで簡単だから。」というYouTube動画がアップロードされていますが、本当にプログラミングが、プログラミングが初心者でも簡単にできるのかどうかという疑問についてお答えすると。

正直言って私は、これは「⇒⇒⇒⇒No」だと思っています。

初めから、パソコンを知らない人が、いきなりじゃあプログラミングができます。なんてことは絶対にありません。

プログラミングを習得するためには、パソコンの基礎知識が必要不可欠ですし、それらを知って初めて、プログラミングをについて、理解できるようになれると思います。

ホリエモンがお話されているのは、こうした知識をもったことを前提に話をされているかと思います。

しかも、ホリエモンは、プログラミングの経験者であり、経験されているとわかることがあるのですが、一つの言語をきちんと習得していれば、プログラミングは、その他の言語に関しても、やっていることは同じなので、あとはアルゴリズムをしっかり理解していれば、応用がきくようになります。

なので、初心者の方でもできないわけではありませんが、始めるからには、最初のうちはしっかりとした努力が必要不可欠であることを覚えておいてくださいね。

 

プログラミング初心者は独学でも習得できるの?

じゃあ、プログラミングは、初心者でも独学で習得することができますか?という質問に対して、答えるのであれば、

これは、正直「⇒⇒⇒⇒ No 」の方が有力のような気がします。

 

というのは、プログラミングは、一文字違うだけでも、動かなくなるものです。きちんとした理解ができないと、エラーがおこった時にその対処をすることができません。

もしエラーに対しての対処ができない場合には、その仕組みは負の遺産化してしまいます。

 

エクセル等で利用されるVBA等のプログラム言語であれば、インターネット上にもかなりそのコーディング方法が掲載されています。

そのため、比較的容易に作成することができるように感じますが、私の知り合いである程度パソコンを使用されている方でも、それでも難しいという意見を聞きました。

実際取り掛かってみると、そのVBAの言語のコーディングや機能を理解するのにも、ある程度使用方法を教えてもらわないと難しい部分がでてくるのです。

 

「英語vsプログラミング言語」難しいのはどっち?

 

それじゃあ、英語とプログラミング言語だと、どちらが難しいですか?という風に聞かれると、

その答えは、「⇒⇒⇒⇒ 英語」

と、すんなり答えることが、私にはできます。これは、人にもよるかと思いますので、参考程度にお聞きください。

 

英語も日々の積み重ねで、その環境に浸かって、聞きなれていくことで、理解できるようになるかと思います。この部分に関しては、プログラミングも同様に、その環境に浸かる必要性があります。

英語とプログラミングの大きな違いの難しさは下記にあります。

 

<英語とプログラミングの難しさの違い>

  • 英語は?      ⇒ 人
  • プログラミングは? ⇒ 機械

 

ここに違いがあると思っています。英語は、人によってもその人の声の特徴や白人・黒人の違いによる話し方によっても聞き取れなかったりするため、それだけ幅広い経験値が必要になります。

それに比べてプログラミングは、話し相手が機械であるため、そうした感情的な悩みがないため、私はプログラミングには、ある程度答えが決まっているように感じます。

 

 

プログラミング初心者おすすめの勉強法は2つ

そこで、プログラミング初心者でも、ある程度簡単に始めることができるおすすめの勉強テクニックをご紹介していきましょう。

 

<プログラミングのおすすめ2つの勉強法>

  • 簡単なエクセルVBAで独学の道を
  • プログラミング教室で受講しよう

 

まずプログラミングを独学で習熟する中で重要なポイントは、エクセルVBAを活用した独学勉強法がおすすめ!

これは、どうしてかというと、VBAという言語は、一般的な事務作業の効率化等にも幅広い分野で有用できる言語です。

しかも、そのプログラミングのコーディングは、ネット上に多く存在しているため、「VBA ●●●」と記述すれば、大抵のことは解決できるからです。

なので、VBAである程度の基礎的な知識を養うことで、その他の言語にも少し応用が利くようになるためです。

 

そして、こうしたことを学習した上でプログラミング教室を受講してみましょう。但し、受講する中で大切なことが、しっかり自分どんなプログラマーになりたいか、知った上でプログラミングを受講することです。

「あなたは、どんなもの作りをしたいですか?」

それがわかっていないと、どんな言語を習得すればよいのかわからなくなってしまうからです。

 

 

 

プログラミングを継続するためのポイントとは

なるべくプログラミング教室等に通って、プログラミングの記述でつまずいた時、解決できる環境や人間関係を構築しておくことが非常に大切になります。

もしあなたがわからない問題にぶつかった時、その環境を改善できるのは、人に教えてもらえる環境や調べられる環境があることです。

これをしているだけで、継続できるかできないかが大きく変化してきます。

 

まとめ

このように、プログラミングは、簡単と思いすぎてしまうと、やってできなかった時に、大きな悩みを抱えてしまいますので、初めからそうした思いではじめない方がいいと思います。

簡単なものには、それ相応の努力が必要であり、それが理解できているから、簡単に考えらるものがたくさんあります。

知らない・経験していなことは、全てが難しく感じますので、自分の状況に応じて、独学で学ぶかどうかを判断した方がよい。ということを覚えておきましょう。

プログラミングのエラーに対して解決できる力がまだ無いようであれば、プログラミングの専門的な知見をもった講師の方やプログラミング教室に通って、サポートを受けることが大切です。