ロリポップによるSSL化の設定方法とは【Luxeritas編】

2019年6月18日

ロリポップのサーバーをご利用になられているあなた。SE対策の一つとしてセキュリティの強化に重要なサイトのSSL化(https:)を行うには、レンタルサーバーのSSLの登録・設定とWordpressであるLuxeritas(ルクセリタス)の設定の2つを行う必要性があります。

そこで、SSL化におけるロリポップ(レンタルサーバー側)の設定方法とルクセリタス(Wordpress側)の設定や使い方を解説していきましょう。

SSL化はどこで登録するの?

SSL化にするには、いったいどこでその登録を行っていけばよいのでしょうか?

実は、登録場所は、レンタルサーバーでSSL化することが可能です。

SSL登録場所:レンタルサーバー

なので、自分が利用しているレンタルサーバーのログイン画面からその設定を確認していきましょう。

 

SSL化は無料でできるの?

またSSL化にも個人向けのものや法人向けのものなど様々な登録が用意されています。

その中でも、無料のものもあれば、有料のものもあります。

SSL化には:無料対応可能

最初のうちやお金をかけたくなければ、無料のものを活用するようにしましょう。無料のものであっても、なるべくSSL化はしておきましょう。SEO対策にも効果的です。

 

SSL化におけるレンタルサーバー側とWordpress側の2つの設定について

それでは、SSL化において2つの設定には、どんな設定がいるのか、その2つの設定を解説していきましょう。

<SSL化における2つの設定とは>

・ロリポップのSSLによる登録・設定(レンタルサーバー側)

・Luxeritas(ルクセリタス)の設定(Wordpress側)

 

SSL化には、上記の2つの設定が必要になります。

こちらは、あくまでロリポップを利用されている方向けとなっております。その他のサーバーをご利用の方は、参考程度にご利用下さい。

それでは、これら2つの設定変更の方法について解説していきましょう。

 

<ロリポップ(レンタルサーバー側)の設定>

・ロリポップのログイン画面からSSL化の登録をする

それではまず、ロリポップの設定から見ていきましょう。

1.ロリポップの「ユーザー専用ページ」にログインしましょう。

2.無料の場合

・「独自SSL証明書導入」⇒「無料独自SSLを設定する」を選択する

これでURLが「SSL保護有効」と表示されていれば、SSL化設定完了です。

3.有料の場合

・「独自SSL(PRO)を申込む」を選択する

法人等の場合よりセキュリティを強化したい場合に活用しましょう。

 

<Luxeritas(Wordpress側)の設定>

・Luxeritas(ルクセリタス)から設定を変更する

「設定」⇒「一般」を選択しましょう。

そこから下記画面のWordpressアドレスおよびサイトアドレスを変更しておきましょう。

「http://」⇒「https://」に変更することで、SSL化が可能になります。

上記2つの設定を変更することでSSL化が完了になります。

Luxeritas(ルクセリタス)の表示を確認しよう

最後に、実際にSSL化が反映されているかどうか確認していきましょう。確認の方法は簡単です。自分サイト一つどれでも構いません。「検索エンジン」に表示される当サイトが「https://」で表示されればOKです。

 

まとめ

このように、SSL化には、レンタルサーバーであるロリポップとワードプレスのLuxeritas(ルクセリタス)の表示設定の2つを変更する必要性があることを覚えておきましょう。

セキュリティ対策は、SEO対策にもつながりますので、「http⇒https」へきちんと変更するようにしておきましょう。