【2019年度版】ロリポップ×WordPressの403 エラーの3つの対処法とは

2019年6月17日

ロリポップを活用していると、「403エラー」という表示をよく目にすることがあります。

私がこの403エラーを確認するときは、メニュー(グローバルナビ)に項目を追加するときによく発生するエラーです。そうは言っても、何度やっても変更が適用されてないため、サイト作成が滞ってしまい、ちょっと疲れてしまいますよね。

そこで、このエラーの原因と対処方法を3つ解説していこうと思います。

 

ロリポップの403エラー表示とその原因とは

サイトを表示しようと思っても、表示されない場合には、下記のようなエラーが表示されます。

<403エラー>
「現在、このページへのアクセスは禁止されています。
サイト管理者の方はページの権限設定等が適切かご確認ください。」

 

403エラーの原因には、主に下記のようなことでメッセージが上がる場合があります。

<403エラーの主な原因とは>

  1. サーバー負荷による制限
  2. .htaccessの設定ミス
  3. WAF設定による制限
  4. サーバー障害による

 

この403エラーは、FTPアクセス制限によって、ロリポップなどのレンタルサーバーからアクセス制限を受けることで、サイトが一時的に表示されなくなってしまうことで起こります。

特に多いのが編集中にその付加が起こることで、アクセスできなくなることで、このメッセージが表示されることがあります。

そのため、アクセス制限がかかっているIPアドレスを修正するか、もしくはそのサーバーに付加がかかっている状態によって起こっていることが多いです。

 

エッラーメッセージの補足

エラーコードの番号の基本的な知識も解説しておきましょう。

<エラー表示の事例>

  • サイト作成時による負荷   (基本エラーコード:403)
  • サイトへの同時アクセス負荷 (基本エラーコード:503)
  • ページが見つからない場合  (基本エラーコード:404)

があります。この403エラーの場合には、基本的にはサイトを作成しているときのエラーメッセージが、「403エラー」に当たります。

サイトへのアクセス負荷によって落ちる場合には、「503エラー」が出るようになります。

 

403エラーの対処法とは

そこで、この403エラーの対処法について3つ解説していきましょう。

<3つの対処法とは>

  1. ロリポップのWAF設定の無効化
  2. しばらく待機
  3. 「.htaccessファイル」と「FTPアクセス制限」のIPアドレスの統一

 

ロリポップのWAF設定の無効化

まず一つ目に行うべき設定変更があります。それは、ロリポップのWAF設定の無効化です。ロリポップを含めた多くのレンタルサーバーには、WAFといわれる設定があります。

WAFとは・・・

ウェブアプリケーションファイアウォールのことを言い、「不正アクセスによるサイトの改ざんや情報漏洩を防ぐ機能です。」

この設定を無効化することで、そのアクセス制限を開放することができるというものです。

実際に設定の画面は下記のようになります。こちらの「無効にする」というボタンで設定は解放することができます。

この設定を行っても、同じエラーが表示される場合には、続いて、下記の設定の記述を変更してみましょう。

 

しばらく待機

そして、上記の設定を行っても解決しない場合があります。特に、すでにWAF設定等の設定が無効化されている場合には、こうした対応ができない場合があります。

そんな時には、一時的に待機してしばらく待ってから対応することで、そのエラーが出なくなることもあります。

 

「.htaccessファイル」と「FTPアクセス制限」のIPアドレスの記述

ロリポップでは、「FTPアクセス制限」というそのアクセスを制限かける機能をもっています。

その制限項目には、IPアドレスの入力項目が設けられており、こちらの項目とロリポップの「.htaccess」に記載されているIPが同じものに関しては、制限がかけられています。

全て制限をかけないように直接設定を変更することで解決できる場合があります。

<「.htaccessファイル」の修正前>

<「.htaccessファイル」の修正後>

 

但し、こちらはプログラムを直接修正する内容になります。なるべくなら、ここの修正は避け、先に1と2の2つを対応した後で、やるようにしましょう。

又プログラムを修正した後で、画面がまた固まってしまうことも。。。そんな時、以前の状態に必ず戻せるように変更した箇所を覚えておくことが大切です。

 

まとめ

このように、403エラーは、情報漏洩をなくすための、セキュリティ的な役割のようなものであり、この設定によって、サイトが守られています。

しかし、自分が設定したものでもありませんので、こうしたIPアドレスは自動で生成されることがあるため、一つ一つのエラーの原因を解明しながら、トラブルに対処していきましょうね。