チャーガ(カバノアナタケ)茶の本物と偽物の見極め方とは

2019年10月23日

 

チャーガ(カバノアナタケ)は、もともと日本に需要はほとんどないものでしたが、一時的に芸能人の真央ちゃんの利用していたことで、「癌(ガン)に効く」「癌の抑制効果」が期待できるということで注目されはじめ、日本でもその利用する人が増えてきました。

しかし、まだまだこのチャーガ自体には、偽物や本物が流通しているのが、実態であり、誤ったサイトから商品を購入することで、その効果を得られなかったという事例もあるようです。

そこで、ちょっと上の画像で問題です^^

上の2つのチャーガは、どちらが本物だと思いますか?

・・・

・・・

・・・

正解は・・・、「両方共本物なんです!

確かに、わかりにくいですよね~。。。

そこで、あなたが購入したいと思っているチャーガが本物なのか、それとも偽物なのか?それを判断するためには、「どのようなことを知っておけばよいか?

また「低品質なチャーガが存在している理由」「チャーガの品質の正しい見極め方」等について解説していきましょう。

 

低品質なチャーガが流通してしまう実態とは

まずは、いったいどうしてチャーガには、こうした偽物や本物等のような商品が流通してしまうのでしょうか?

まず先にチャーガそのもの自体には、大きな副作用はないと言われていますので、大きな副作用や被害を受けるケースはほとんどありませんので、ご安心下さい。これは、稀なケースとご理解下さい。

日本においてチャーガそのものの需要が低いのは、寒冷地帯に生息するカバノアナタケという木そのものが、ロシアに多く、ロシアが発祥の地であるためです。

販売商品の多くは、まだ流通経路がロシアからの輸入品が多いのが実情です。

チャーガそのものは、元々ロシアの医薬品としても知られ、ロシアの民間薬としてガンや糖尿病等の改善効果があることから高値で取引されており、希少価値が高いものなのです。

そのため、チャーガの小売業者の一部には、利益目的のために品質を確保せずに販売する業者もいるということです。

 

チャーガ自体は、国内需要が少しずつ広がってきているものの、未だ国内での浸透が少ないのが実情です。

国内の専門店でも販売されるようになってきてはいますが、通販でご利用される場合には、特に、慎重に購入するようにしましょう。

 

チャーガが偽物の場合の悪い事例

チャーガの偽物が出回った時の事例を一つご紹介しておきましょう。

チャーガ自体は、白樺の木に何十年もかけて、ようやく育つ希少価値の高い菌類であることから、その重量で高値で取引されていました。

これを利用する悪徳なチャーガ収穫者たちが、砂等を入れて重みを付けることで、高値で取引されていたり、停滞水を混ぜて販売することによって、かさましして、利益につなげたりするものがいたのです。

バクテリアや不純物が混入した状態で販売され、雑菌が増殖した身体に悪影響を及ぼすチャーガが、人の手にわたり、死亡事故が起こった事例があります。

こうした問題が背景にはあるため、チャーガの国内での需要が広がりにくい理由でもあるのです。

 

本物のチャーガの見極め方とは

チャーガをご利用になれる場合には、輸入品も多数存在しますので、まずサイトが安全なサイトなのか、製品を販売していることを確認しましょう。

チャーガが本物なのか偽物なのかを見極める方法には、下記のような方法があります。

<安全性の高いチャーガの見極め方とは>

・味がするもの

・クチコミで評価が高いもの

・楽天人気ランキングが高い

・国内産のもの

・きちんとした製法をサイトに明示しているもの

 

まずチャーガ茶自体が本物かどうかは味や匂いで比べてみましょう。

チャーガ自体は、ほぼ味や苦味がなく、飲みやすい飲み物です。しいて言うなら、ちょっと麦茶のような感じもありますが、それは人によってですかね。味が甘かったり、変な臭いがするようであれば、使用を控えましょう。

もし通販を利用されるのであれば、楽天等人気サイトを活用して、人気クチコミ内容を確認して人気度とクチコミ内容で、その評価の高さで比較していきましょう。

通販サイトの中でも品質を明示されているサイトは、いいと思います。

放射線残留検査、HACCPの認定工場や微生物検査等が行われている企業もありますので、こうした品質に力をおいている商品を選ぶようにしましょう。

 

そして、もう一つが、国内生産の商品です。通販でもきちんと生産工場で加工されて、ティーパック商品になっているものであれば、かなり安全性が高くなります。

 

商品の中でも、自分で破砕して煮出すようなものは、無知の人がやるのは危険です。なぜなら、そこには、別の微生物や菌等が、付着している可能性があるからです。

粉末タイプやパックタイプの包装された加工品を選ぶことをおすすめします。

 

品質を重視したおすすめチャーガ茶「白樺のめぐみ」

品質面で不安の声も多いチャーガですが、そんなチャーガの衛生管理を徹底している企業も存在します。それが、このホリスタイルの「白樺のめぐみ」です。

ホリスタイルの「白樺のめぐみ」は、国内工場での製造を続けています。

 

ホリスタイルでは、国際食糧農業機関(FAO)と世界保健機構(WHO)の合同機構が推奨する国際的な品質管理システム「HACCP」の認定工場を取得。

最新設備が導入されているこの製造工場では、健康茶の製造に特化した設備を整えており、味や風味を落とさないように製造設備環境を充実。

また徹底した微生物検査体制とや厳しい異物混入チェック体制を整えています。

⇒北海道産カバノアナタケ茶「白樺のめぐみ」公式サイト
カバノアナタケ茶・タヒボ茶

 

まとめ

チャーガは、まだまだ国内での需要が低く、品質面でも徹底された管理体制が確立されていないのが実情です。

国内需要が低く、認知度がまだまだ低いため、その味や風味や品質自体が見抜くのがい非常に難しい商品なのです。

そのため、購入先は、良いクチコミ情報が多く、人気度が高いチャーガの商品を利用するようにしましょう。

また国内生産のものであれば、チャーガ専門店や品質管理体制が整っている加工製造工場が導入されている企業の購入先の商品を選ぶようにしましょう。