【Adsense】Google Publisher Toolberインストール中のコードコピー貼り付け画面から進めない時の対処法

2019年6月26日

Google Adsense の配信停止原因である自己クリック。その防止対策には「Google Publisher Toolbar」が有効です。Google Publisher Toolbarは、Google Chromeからだれでもインストールが可能ですが、自分のサイトにインストール後、設定画面で表示されます。しかし、コードをコピーして、貼り付け画面まで行っても、それ以上先の画面に進めなくなってしまいます。

ですが、途中でこのコードをコピーし、アプリケーションに切り替えて貼り付けてください。と表示され、それ以上進めなくなることがあるのです。

そこで、このエラーの対処法について解説していきましょう。

コード貼り付けのエラー画面とは

コードをコピーし、貼り付けるメッセージ画面は、下記のようなメッセージが上がります。

この画面が表示された時、そこから先には進めなくなってしまいます。そのため、次の手順に従って、対処していきましょう。

 

コード貼り付け画面から先に進めない場合の対処法とは

それでは、実際に対処法について解説していきましょう。

<エラーの対処法の手順とは>

  1. Google Adsenseマークを選択し、有効にする
  2. Google Publisher Toolbarのリクエストを許可する
  3. エラー画面表示
  4. 右上の設定ボタン押下する
  5. 「その他のツール」⇒「拡張機能」を選択する
  6. 広告表示画面が緑色になれば、OK

 

「まず、Google Adsense の雷マークは、表示されていますか?」これがない場合には、Google Publisher Toolbar が正しくインストールされていない可能性があります。まずこのマークのボタンがあるかどうかを確認しましょう。

 

もしこのマークが表示されていない場合には、正しくインストールされていない場合もありますので、下記よりインストールしてみて下さい。。

⇒Google Publisher Toolbar のインストール方法はこちら!

 

続いて、アカウント選択画面で自分のアカウントを選択してください。

そして、Googleアカウントへのリクエストの「許可」を選択して下さい。

この許可を行った後で出るのが、先ほどのエラー画面です。

こちらの画面から先へ進むことができなくなってしまいます。そこで、こうしたエラーに遭遇された方は、下記の手順に従って、設定を追加してください。

設定方法:「その他のツール」⇒「拡張機能」

そして、広告が貼られているページを今一度画面を確認してみましょう。

このように、画面が緑色に変わっていれば、ロック状態になりますので、これで、いくらクリックしても安心です。

 

但し、この緑色の表示が出るのは、あくまでGoogle Chrome上での話です。IE等で開いてもこうした緑色の表示はされませんので、ご注意ください。自分がサイト作成を行っている時には、なるべくGoogle Chromeを活用して、利用するようにしていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?このように、Google Publisher Toolbar のインストールは、うまく反映しない場合があります。

こうした場合には、再起動や設定の変更が必要な場合がありますので、もし同様のエラーが発生した場合には、上記のように対応してみて下さいね。