【2019年度版】googleアドセンスの住所登録ミス!審査に合格できる?PINコードは届く?

2019年6月7日

googleアドセンスに登録した後によく気付く「住所の登録ミス」。審査の合格通知が郵送で送られてくるというのもあるため、住所の登録を失敗してしまうと、審査の連絡・PINコードが届かないのでは??と。。不安に思われる方もいるかと思います。

そこで、googleアドセンスの住所の登録ミスによって、審査に合格できるのか?PINコードは届くのか?等の悩みとその解決方法を解説していきましょう。

 

合否結果はきちんと届くの?

もし住所を誤って登録してしまった場合、合否の結果がきちんと届くのか不安の方も多いかと思います。従来では、合否の結果は郵送で送られてくることもあるようでした。

<従来の合否結果の通達方法>

・登録住所に郵送

<現在の合否通知方法>

・登録メールへの連絡

 

このように、従来と2019年4月現在での合否の連絡方法はだいぶ変わってきているようですね。そのため、私の方にも合否の連絡は、登録していたGmailに連絡が来ていました。

 

住所の変更しなくて平気?

住所は変更しておいた方がよいですが、審査中には、住所の変更はできません。それでは、実際にgoogleアドセンスの住所の確認方法についてみていきましょう。

住所は下記の方法で、アクセスすることができます。

 

<住所の登録画面へのアクセス手順>

・Google Adsenceログイン

・サイト名・メールアドレス入力

・メール受け取り有無選択

・アカウントの有効化画面

・「ホーム」⇒「お支払い」を選択

 

この手順に沿って、お支払いまで選択することで、住所の登録画面があります。

 

1.「お申込みはこちら」を選択

 

2.「サイト名」「メールアドレス」入力後、メールを受け取るか受け取らないかは自由にチェックして下さい。

 

3.一度申請中に入ると、関連付けられてしまうため、下記のメッセージが表示されます。

 

4.「ホーム」⇒「お支払い」を選択

この流れで選択すると、住所登録画面にアクセスすることができます。。。。。

と思っていましたが。。。。。

 

審査中の場合・・・

しかし、審査中の場合には、この支払項目は、開くことはできません。審査の合否が決まるまではロックかかった状態になっているため、住所の画面に辿りつくことができません。

そのため、もし審査中の場合には、合否の判定がくるまでしばらく待ちましょう。

 

住所の登録目的とは

そこで、住所登録の目的とは、そもそもなぜ登録するのでしょう?その目的をしっかり理解しておくと安心できるでしょう。その目的とは下記になります。

<住所登録の目的とは>

・アドセンス収入用の支払い先登録のため

 

実は、もしgoogle アドセンスの審査に合格すると、その後で、個人情報が必要になります。実は、そのためのものだったのです。審査に合格すると、8000円以上の収入広告料が上がると、それが口座に支払われるようになっているようです。

この際に、住所登録が必要になります。

 

審査に合格できるの?その影響とは??

そのため、審査には影響はありません。私も住所登録は、詳細のアパート・マンション名までは登録せずに申請してしまいましたが、審査中には、登録情報を一切確認できなかったため、審査を待つことしかできませんでした。

しかも、その審査の合否の連絡は、登録したメールアドレス宛に合否の連絡が届くため、審査への影響はありませんでした。

 

実際、審査に合格すると、上記の「お支払い」画面のロックが解放され、見られるようになりました。また画面も収入集計結果の画面が表示されるようになりました。

なので、審査中に住所の登録ミスに気付いても、ご安心ください。審査を待つようにしましょう。

又PINコードについても、住所の登録ミスをしたことできちんと届くのでしょうか?不安になる方も多いかと思います。そこで、そのPINコードの届き方についてもご紹介しておきましょう。

⇒PINコードはいつどのようににして届くの?

まとめ

このように、googleアドセンスの審査中に起こる住所の登録ミス。審査中にはロックされてしまうため、住所の変更はできませんが、審査結果を受けた後で、googleアドセンスのサイトの「お支払い」から住所変更をすることができますので、

ぜひ慌てずに一つ一つ対処していきましょう。