アドセンスで稼げない理由を完全公開!収益を出せない7つの理由とは

2019年10月16日

Googole Adsense(グーグルアドセンス)で稼げない悩み。インプレッション数を増やしたい。そうすれば収益が上がる。そんなふうに感じる方も多いかと思いますが、実際には、その法則は正しくありません。

あらかじめに言っておきます。

インプレッション数が増えないと収益を上げることすらできませんが、インプレッション数が増えたからと言っても、収益が出るとも言えません。

そこで、google Adsenseで収益化ができない原因はどこにあるのか、その本質にせまっていこうと思います。

あなたはどんな方法で収益を出したいですか?

まずあなたはどんな方法で収益を出していきたいですか?

なんでもいいからgoogle Adsenseやアフィリエイトで収益を出したい。そんな風にして始められる方も多いかと思います。私も最初はその一人でした。

しかしアフィリエイトやgoogle Adsenseで収益を出すには、そんなに簡単に利益は出せません。長い時間とサイト戦略が必要です。最低でも3~6か月は、執筆し続けてようやくスタート地点です。その期間を考慮した上で、トライしても、確実に収益が出るとは言えないものなのです。

 

まずユーザーがサイトに訪問してもらえるようなサイト環境を確立しなくてはいけないからです。人は、興味をもってサイトにアクセスしてきます。

運よくサイトが人に見られるように、検索エンジンから表示されたとします。しかし、やみくもな内容の中にリンクを貼られても、ユーザーは、サイトを読んですぐ離脱するか、もしくは読まずして出ていくか。これだけなんです。最悪の場合、検索エンジンで上位に表示もされず、サイトは、負の遺産となって終わることも当たり前のように起こります。

 

・やってすぐ結果が出る月3万稼ぐ方法とは・・・・

・「多くの方がアドセンスの正しい方法を理解していない。」・・・・

 

 

皆様は、アフィリエイトやアドセンスをする上で、こんな表現を他のサイトで読んだ経験はありませんか?

初めてサイトを作る人が、できるわけがありません。

じゃあ、どんな方法が正しいやり方なの?と感じるかもしれませんね。アフィリエイトをする上でも、人にサイトを見てもらうための分析が非常に重要であり、ただ収益を出したいという理由だけでは、すぐに利益が出るような世界ではないということです。

またアフィリエイトにも色々な種類があります。例えば、

・ブログで記事を執筆してASPで収益を得るブログアフィリエイト

・広告等を貼り付けて広告収益を得るGoogle Adsense等のクリック型のアフィリエイト

 

等があるように、これらのアフィリエイトの手法によっても、収益の生み方が異なります。こうしたアフィリエイトによっても、さらに勉強を積まなくてはいけないということなんですね。

サイトを作る以外にも収益を生むためのサイトの構成や勉強もしなくてはいけないんですね。

 

google Adsenseによる実例を公開

Google Adsenseであれば、執筆記事の中に広告が表示されます。この際、リンクが正しい位置に貼られているか等の手法もGoogle Adsenseで学ばなくてはいけません。ここに、サイトの検索エンジンからの流入によってドメインパワーがつけば、上位表示され、インプレッション数が増加することでクリック率が上がり、収益を得ることができます。

しかし、ここにも一つカラクリがあります。それは、この内容に対してどれだけのユーザー数がいるかということです。

当サイトで執筆しているキーワードを例にすると、こちらのサイトは「Luxeritas」というWordpressです。しかし、いまだユーザー数が少ないため、検索エンジンからの流入がないため、あまりクリック率が上がらない傾向にあります。

同じようにこのキーワードで運用されている方も、やはり収益を生み出すためには、他SNS等のユーザーからの流入も必要不可欠で、それでも収益が出にくいのが実情なようです。

そう。キーワードの選び方も非常に大切だということです。

これは、「キーワードプランナー」等のツールを使って、調べることができ、目安の利用ユーザー数を知ることができます。

収益を生み出すものは、こうした戦略的思考をしながら、サイトからの顧客の流入を図る必要性があるということなのです。

 

アドセンスで稼げない・収益が出せない7つの理由とは

収益を出せているサイトと何が違うの?

<収益が出せない主な理由とは>

・強豪との圧倒的な経験年数

・圧倒的な努力量

・経験年数によるドメインパワー

・広告の貼り方

・正しいサイトの作り方

・キーワードの選択ミス

・100記事以上がスタートライン

 

 

皆様がこれを読んでいる間にも多くの人が執筆し、キーワードに対して、記事を作成しています。ずっと昔からサイトを作っているようなサイトの運営歴が長いサイトとは、当然ドメインパワーが違います。ある程度きちんと執筆していれば、何かしらのキーワードで上位表示しているのが、ドメインパワーをもった運営歴の長いサイトの特徴です。

逆に、ドメインパワーを持たない新規の立ち上げサイトでは、最初のうちはドメインパワーを持たないため、なかなか上位表示できないため、良質な記事を生み出して、ドメインパワーを上げる必要性があるのです。いわゆるgoogole社に認めらるということなんですね~。

そんな競合と最初から検索エンジンの上位表示の戦いで勝てるわけがありません。

 

まず収益が出せているサイトは、1日1記事は執筆しています。そのくらいしていることでドメインパワーがあがっていることで、上位表示できる力を作っています。ようは、圧倒的な努力量です。アフィリエイトの世界は、努力して当たり前なんです。

但し、ここで大切なことは、記事内容が薄いペラサイトやコピー記事では、その他のサイトに勝つことはできない。しっかり付加価値が付けられた執筆内容になっている、他のサイトにはない内容で執筆されているのか、その部分も評価される対象になっているように感じます。

他にはない良質な記事を量産し、多くの人に見てもらえるようなインプレッション数を増やせる記事を生み出すことで、サイトをみてもらるユーザーが増え、収益を生み出す可能性を作り出せるようになるのです。

 

インプレッション数が収益に直結するのは広告収入型アフィのみ

但し、もしあなたがインプレッション数が増えれば、収益が上がる。そんなふうに感じているのであれば、それもちょっと違いますので、きちんとした知識を身につけておきましょう。

インプレッション数が増えれば、収益も上がると感じるかもしれませんが、インプレッション数が直結してくるのは、google Adsenseなどのバナー広告収入型によるアフィリエイトの場合のみです。

インプレッション数が増えれば、サイト内に存在する多数の広告の中で興味をもたれる方も増えるため、クリックされる方も増えてくるでしょう。これによって、収益化が見込みやすくなるのは事実です。しかし、それでは、全てのアフィリエイトで収益化が見込めるかというとそれは違います。

 

<アフィリエイトの場合>

・基本的にインプレッション数は、収益に直接的な関係性はない

 

<google adsenseのような広告収入型の場合>

・インプレッション数を増やせば収益を生み出す可能性が生まれやすくなる

 

この2つをしっかり頭に入れておきましょう。

 

インプレッション数が増えない・上がらない原因まとめ

それでは、インプレッション数を増やすためには、どうしたらよいのでしょうか?

インプレッション数が全く増えない・上がらない原因については、下記で解説しておりますので、ぜひご参考になさってみてください。

インプレッション数0!増えない・上がらない4つの原因とは

 

上位表示されているのにアドセンスで稼げない決定的な理由はこれだ!

最後に、それではアドセンスで稼げるようになるためには、どうしたらよいのでしょうか?

どんなにサイトをきちんと作りこんでいて、3~半年以上記事を更新し続けていても、それでも収益が出ないことがあります。

もし上位表されていない場合には・・・

競合が多すぎて、他サイトに執筆内容が負けていることが原因でアクセスが増えない

もし上位表示されていても稼げない場合には・・・

そもそも検索キーワードに対する検索流入が少なくて、収益が出ない

 

これらの原因が考えられます。

キーワードプランナー等で平均の検索数を確認していますか?

ある程度検索する人がいないキーワードだと、そもそも検索する人がいないと検索されないため、アドセンスで稼げない可能性が高くなります。

こうしたこともしっかり分析した上で、確認する必要性がでてくるのです。

まとめ

このように、google Adsenseで稼げない要因は多数存在します。そもそもサイトの作りがダメなのか?広告の配置の仕方がダメなのか?いろいろな要因が存在します。こうした原因を一つ一つ潰しながら、良質な記事をたくさん生み出した人こそ。上位表示し、収益化に成功したものなのです。

アフィリエイトやgoogle Adsense。難しいですね。今でもその難しさをすごく痛感しています。

でも、私はあきらめません。なぜなら、こうして少しの人でも読んでもらえる人がいて、共感してもらえる人がいるから。。。

とてもやりがいがあります。

そして未来のために、資産型サイトを構築することを夢みて、改善を図りながら、執筆を続けようって、思ってます^^