Page Speed Insightのモバイルの測定結果が低い原因はアドセンスだった!

2019年12月7日

Page Speed Insightを利用中のモバイル表示速度が異様に遅い結果出てしまう問に関して原因を解明したくて、色々対処していった結果。あることが判明しました。

そこで、Page Speed Insightによるサイトの表示速度結果が、モバイルだけ異様に遅くなってしなう要因について解説していきましょう。

 

特に大きな変更をしてもいなかった

 

Page Speed Insightで測定した当初は、80以上でした。

しかし、あるとき突然、20点代まで落ち込んでしました。

 

しかし、その時は、特に何かを変更した記憶がほとんどありませんでした。

そのため、何が原因か全く予測がつかなかったため、徹底的に調査を開始しました。

 

モバイル測定結果に影響がある5つ原因とは

Page Speed Insightによる測定結果をみると、様々な問題によるケースがあるため、一つずつその原因を特定する必要性がありました。

そこで、その疑いのある可能性原因は5つです。

<モバイル測定結果に影響がある5つの原因>

・サーバーの問題

・プラグインの影響は

・画像の圧縮

・JavaScriptの設定

・アドセンスの影響

 

 

 

私のブログのモバイル測定結果が低い原因は【google アドセンス】だった

私の当サイトにおいて、モバイル数値が異様に低い原因は、

【google アドセンス】

が原因でした。

そういえば、2018年10月付近に大幅な変更がありました。

そのタイミングからおそらくモバイルの表示速度だけ大きな影響を受けるようになってしまったのでしょう。

そこで、私は、一度googleアドセンスの設定を一度完全に取り外してみました。

 

googleアドセンスの接続をなくした時のモバイル測定結果

⇒その時の結果がこちら。

【PCの場合】

【モバイルの場合】

 

20%代⇒60%代

にまで改善しました。

但し、モバイル速度は改善したのですが、PCの表示速度に関しては、まったく改善されませんでした。

なんだか不思議ですね~。

 

表示結果を改善したことによる影響・メリットについて

そこで、この表示結果の影響について、所感をお伝えしていこうと思います。

その感じたことについて2つのことがあります。

 

<表示結果改善に対するその影響>

・モバイル表示速度事態、結果に対して、開かなくなるほどの大きな影響を受けていない点

・表示速度が改善したことで、実際に順位が上がったサイトがある点

 

このように、表示速度が改善されたことで、若干速度の影響は感じますが、それは、googleアドセンスの画像表示もあるので、それを加味しても、思った以上に、モバイルの表示速度が落ちていないような感じがしました。

 

またもう一つ感じたことがあります。それは、表示速度が上がったことがで実際に、順位が上がったサイトがいくつかあることです。

確かにいくつか順位が上がったサイトがあります。

googleアドセンスを入れることで、表示速度に大きな影響を与えていることがわかった瞬間でした。

しかし、私にとってその表示速度は、20⇒60に変わっただけのこと。

その原因が特定できただけでも、非常にうれしいですが、それ以外にもまだまだ表示速度を改善することが終わったわけではありません。

特に、その他の表示速度の改善できる可能性要因として考えられるのが、画像の圧縮です。最初のブログ更新時には、画像自体も圧縮等を考えずに、アップロードしていました。

サーバー容量等はまだ1G前後なので、大きな心配はしていませんが、なるべく画像を圧縮していた方が、表示速度への影響の懸念点がなくなるため、こうした問題点も解消しておく方がよいでしょう。

 

まとめ

このように、Page Speed Insightによるモバイル表示の測定結果が、突然下落してしまう要因については、私のサイトでは、googleアドセンスの影響を大きく受けていたことがわかりました。

皆様のサイトにもgoogleアドセンスの広告を入れて、こうした影響を感じたことはありませんか?

もしこうしたことで悩まれていらっしゃいましたら、google アドセンスの広告表示も表示速度に大きな影響を与えている可能性があることを把握しておきましょう。

 

Pagespeed insightsで表示速度を解析しよう!使い方と表示速度結果が表示されない時の対処法とは