【令和元年更新】妊娠中の辛い寝返りに!おすすめエールベベ抱き枕の魅力

2019年10月10日

妊娠中によくある悩み。お腹が大きくなると、寝ている最中寝返りも打つのが辛~い。

また上向きに寝ていると重さに耐えられるなくて苦しい。そんな風に感じた経験はありませんか?そこで、妊娠中によくある悩みの寝ているときの辛さを少しでも軽減できるアイテムをご紹介していきましょう。

 

妊娠中にどこが辛くなるの?

それでは、妊娠中になると、どうしてお腹が辛くなるのかというと、赤ちゃんがお腹に入った状態で寝るわけですから、当然その分お腹に負荷がかかります。

また子宮が膨らんだ状態ですので、横向きで寝ていても、横向きのまま、少し足が開いた状態になり、内ももと内ももの間でおなかを挟んだような状態になります。

そのせいで、太もも周辺がつったり、腰に痛みが出たり、その重みで肩が痛くなったりするわけです。

 

 

妊娠中の寝返りってどんな感じ?

実際に寝返りを打とうと思っても、逆向きにするのも神経を使いながら、反対向きになりますので、意外と寝返りが大変という方が多いです。

一時的に上向きになっても、お腹が上向きの状態であっても、内臓が圧迫されるため、非常にお腹が苦しくなりますので、寝返りもやっとの思いで、寝返りうっていることが多かったす。

 

一番寝やすい寝方って?

それじゃ、一番寝やすい寝方って、どんな寝方がよいのかというと・・・・

これは、胎児の大きさによっても異なります。ちなみにですが、第一子出産した時には、男のだったのですが、あおむけで寝ていた時、お腹の強い圧迫感を感じました。そのため、あおむけが非常に大変だった記憶があります。

しかし、第二子を出産した時は女の子が生まれたのですが、その時は、あおむけでいたときに辛くないわけではないのですが、一人目の時よりは辛くありませんでした。

そんな中で一番安定していられる体勢が

・横向き

 

でした。これが、一番お腹を圧迫しなく、腰に負担がかからないので、楽でした。

しかし、・・・・・

一番楽だったのですが、やはりずっと同じ体勢をしているとお腹が今度は横下に垂れたような感じで引張られることと、子宮を内ももと内ももの間にあるような状態なので、方足が上がってしまい、体勢がとりづらかったり、また徐々に腰に負担がかかってきたんです。

な寝方でもやっぱり同じ寝方で寝るのには、必ず圧迫される部分が出てくるので徐々に痛みがでて辛かった。。。夜眠れなくなることも結構あったんです。

 

 

妊娠中の寝返りにおすすめアイテム!エールベベ抱き枕のメリットとその効果とは

そこで、そんな妊娠中の寝返りや睡眠中の腰痛・肩こりの痛みを軽減してくれるアイテムがありました。そのアイテムがこちら!

 

・エールベベ ギュット 4WAY プレママの眠りをサポートする抱き枕 carmate

です。

こちら名前の通り抱き枕なのですが、4つのアプローチの仕方もった妊娠中の睡眠サポートグッズです。

このエールベベの抱き枕には、4つの機能と8つのメリットを持っているんです。

 

<エールベベ 抱き枕の4つの機能(4WAY)>

・妊娠中の寝返りをサポート

・仰向けになってもクッションが体をサポート

・産後の授乳クッションとしても利用可能

・赤ちゃんのお座りサポート

上記のように、大きく分けて4つの方法で、妊娠中~産後、またそれ以降のリラックスできるアイテムとして長期に渡って利用することができます。

またそれに合わせて、下記8つのメリットが挙げられます。

<エールべべ抱き枕の8つのメリットとは>

・股に挟んで妊娠中の寝返りをサポートする

・睡眠中の腰痛や肩こりを軽減

・横向き時に背中に置くことで睡眠の質向上

・産後の授乳クッションとしても利用が可能

・赤ちゃんのお座りをサポートできる

・身長の大きい方でも利用可能(クッション全長145cm、170cmぐらいの方でも利用されています。)

・仰向けができるように腰サポートクッション付属

・サポートクッションが理想の寝姿勢

 

1.抱き枕(寝返り・子宮圧迫回避として)

このように、エールベベの抱き枕の魅力は、まず妊娠中の寝返りをサポートしてくれるので、この抱き枕を太ももの間に挟んで寝ることで、お腹の重みをサポートしてくれて、かつ頭も抱き枕にのせることができるので、横向きになっても辛くありません。

妊娠中に胎児の重みで体の血管を圧迫して、めまいや吐き気があった時期がありましたが、これのおかげで、こうした問題が起こらなくなり、快適に眠れるようになりました。

2.くつろぎ枕(リラックス・腰痛サポートとして)

また抱き枕がなければ、お腹が重みで垂れ下がり、腰痛や肩こりが起こりますが、お腹が抱き枕に乗っかるため、腰痛や肩こりの心配がありませんでした。仰向けで寝ていてもお腹の重みをサポートしてくれます。

 

3.産後の授乳クッションとして

授乳中のみならず、産後の授乳クッションとしても利用することができるので、長期に渡って利用することができる魅力があります。

 

4.幼児のお座りのサポートとして

赤ちゃんのお座りをサポートするアイテムとしても利用することができます。

産後の生活がひと段落した後でも、睡眠のサポートやリラックスできる便利としても活用することができます。

 

エールベベ抱き枕の詳細情報(価格等)について

この気になるエールベベの販売価格と特徴についてもご紹介しておきましょう。

商品名:エールベベ ギュット 4WAY プレママの眠りをサポートする抱き枕 carmate

販売価格:9,720円(税抜)

商品名 販売価格 特徴 画像 詳細
エールベベ ギュット 4WAY プレママの眠りをサポートする抱き枕 carmate

9,720

(税抜)

  • 抱き枕や授乳クッション等様々な用途で利用可能
  • 長期で利用可能
  • 送料無料
  • 産後もくつろぎアイテムとしても利用
  • 全長145cm(身長170cmでも利用可能
公式サイト

 

少々高いお値段に感じますが、本来「授乳クッション」と「抱き枕」は、別々で購入される方が多く、この2つをそれぞれ購入すれば、5000円は超えてしまいますので、産前産後の睡眠の質や利便性を考えれば、非常に妊娠中や産後において有用性のあるアイテムです。

私たち一家も授乳を終え、5年を経過した今でも、お昼寝の抱き枕としても利用しており、だいぶ元をとった感じで、使用させていただいています^^

またクッション性にも優れているので、眠り心地も非常にいいので、眠っていて気持ちいいので、色々な用途に使えてすごくおすすめです。

 

詳細はこちら ⇒ エールべべ BB804 ailebebe ギュット 4WAY マシュマロ パステルピンク プレママの眠りをサポートする抱き枕 carmate

 

まとめ

妊娠中の寝返りや睡眠の質は、妊娠中の大きな悩みの一つと言っても過言ではありません。

 

これ一つあっただけで、妊娠中の辛さを軽減することができました。

ただ辛い妊娠生活なんて嫌ですよね。そんな時に私たちの良質な睡眠や寝返り・腰痛・肩こりをサポートしてくれたのが、この「エールべべの抱き枕」だったんです。

 

つわり等妊娠中の悩みは、その時期や人の症状によっても様々ですが、妊娠中の睡眠についても、あまりに体勢が悪かったりすると睡眠の質を落としてしまい、胎児の健康や母体の体調の悪化を招く原因の一つになります。

しっかりと眠れる環境を作ることが、体調管理においてもすごく大切ですので、眠るときに不調を感じるようであれば、なるべく早めに体勢や体調が楽になるグッズを活用しながら、上手に妊娠中や産後を楽しむことができる工夫を取り入れていきましょう。