物件探し・田舎暮らしならサブスクリプション!月額4万円~一軒家に住める?ADDressの魅力とは

2019年9月10日

時代の変化に伴って、今では月々たった4万円から1軒家に住むことができるシステムが導入されてきていることをご存じでしたか?

このシステムは、サブスクリプション型住宅システムとも言われ、このシステムの導入によって昔よりも容易に1軒屋住むことができるようになります。

そんな新時代の画期的なサブスクリプション型住宅システムの一つに「ADDress」というシステムがあるのですが、このサブスクリプション型の住宅システムとは、いったいどんなシステムなのでしょうか?

そこで、新時代のサブスクリプション型の住宅システム「Address」の魅力を徹底的に解説していきましょう。

サブスクリプションとは

<サブスクリプションとは・・・・>

商品を購入するのではなく、一定期間の間、定額制で費用を支払うことで,そのものの権利を有すことができる新たなビジネスモデルのことを指します。

もともとは、「定期購読」という意味でも用いられていましたが、新たなビジネスとしての表現としても利用されるようになってきています。

 

家でも車でも、昔は全てを購入し、所有して利用するというビジネスモデルが一般的でした。

しかし、ここ近年では、こうした購入金額が高いものに費用をかけられない若年層の方でも、利用することができるようにと考えられたものであり、

こうした住宅にも幅広い年齢層の顧客に利用することができる新たなビジネスモデルのニーズが広まり、注目を集めてきています。これが、サブスクリプションと呼ばれる新たなシステムなのです。

また定額制という表現とほぼ同等の意味をなす言葉でもありますが、一部それに合わせて付加価値を付けた内容で顧客のニーズを更に高めるビジネスモデルとなっています。

サブスクリプション型住宅システムによる空き家問題の解決に!

サブスクリプション型システムは、決してユーザーのメリットだけではありません。国の大きな問題でもある「空き家問題」についても解決する方策の一つとして注目されてきています。

空き家における大きな課題と現状

・全住宅の3割が空き家

・2030年以降には、空き家が2000万戸超え

 

目的

・若年層でも安価な定額価格で移住ができるシステム

・新たなライフスタイルの確立

・空き家問題の解消

 

こうした高齢化や貧困化に伴う国の問題の一つでもある「空き家の問題」を解決すると同時に、次世代の新たな生活スタイルを提供できる一つのビジネスモデルが生まれようとしています。

 

サブスクリプション型住宅システムをおすすめする理由とは

それでは、このサブスクリプションには、いったいどんなメリットがあるのでしょうか?そのメリットやデメリットについても合わせて解説していきましょう。

<メリットとは・・・>

・手軽な金額で1軒家に住むことができる

・田舎暮らし等の第二の生活スタイルを作れる

・若者でも利用が可能

・サブスクリプションは、住宅のみだけではない

 

<デメリットとは・・・>

・空き家を改装しているため、使用感がある

 

一つ覚えておいてほしいのが、サブスクリプションというシステムは、支払い方法の一つであり、決して住宅だけのシステムではないということを覚えておいてほしい。

定額支払いという意味合いが強く、こうした方法で家を借りられるものなのです。

そんなシステムを活用しながら、安く1軒屋を借りることができ、新しい生活のあり方を作るメリットがあります。

 

サブスクリプション型システム「ADDress」とはどんなシステム?

そこで、このサブスクリプション型システムの一つに「Address」がありますが、2019年4月から導入されており、実際にどのような金額で利用でき、どのような場所に住むことができるのでしょうか?

このAddressのシステムについて解説しておきましょう。

<「ADDress」のシステムの特徴とは>

・会員登録すれば月額4万円から全国の施設に住み放題

・月会員5万円(税別) 年会員4万円(税別)

・1親等以内は無料

・電気、ガス、水道、ネット回線料、予約されているベットが専有で利用可能

・キッチン、バス、トイレ、リビング、洗濯機等は共有スペース

・全国24拠点の施設で利用可能

・連続予約は1拠点7日間を上限

・保証金や敷金、初期費用はかからない

・拠点や移住するごとに生まれる新たな出会い

・2ヶ月先まで予約が可能

・会員同士の交流や地域とのふれあいを提供

・ノベ済/wifi/アメニティ/家具/家電完備

・都内でも借りられる

このADDressは、月額定額会員制で、住まいを利用することができるシステムです。支払いは、月額費用と年会費のみ。

電気、ガス、水道、ネット回線料、等の光熱費や部屋の利用が無料で、キッチンやバス、トイレ、リビング、洗濯機等は共有スペースとなります。

これに合わせて、Co-livingのみならず、Co-workingスペースが確保されており、都心から離れた空間で仕事をし、田舎暮らしを楽しみながら、プライベートな時間も楽しむことができます。

また共有スペースがあるため、会員同士の交流を深めたり、地域の魅力ある風土を味わいながら生活することができるのもまた魅力の一つです。

 

このADDressを開発した株式会社アドレスは、208年12月に、サブスクリプション型システムを用いた全国に移住しながら生活することができる多拠点コリビング(co-living)サービスをうまく活用することを目的として会社が設立されました。

 

「多拠点Co-living」とは

これは、簡単に言えば、シェアハウスのように、共に生活を送りつつ、かつ様々な職業の人と一つのオフィスやフロアをシェアする空間・施設である「Co-workingスペース」として利用するライフスタイルのことを指します。

特に、一人暮らしとして生活をしている若年層の方では、日常生活における寂しさを解消するメリットや様々な方と意見交換ができるため、人間性を高めることができるメリットがあります。

従来では、仕事場と生活する空間は別にするというライフスタイルが一般的でしたが、現代では、ライフスタイルの多様化が進み、色々な状況に応じた合理的な生活スタイルを望む人やそうした環境が増えてきているのだと思います。

 

 

【語彙】

co-living 仕事ができるワークスペースのあるシェアハウス
コワーキングスペース オフィスフロアをシェアすることができる空間のこと
シェアハウス 共有スペースのある一つの住居に複数人で生活できる住居

 

続いて、実際の拠点を紹介していきましょう。

【拠点一覧】

【拠点】
・24拠点で利用可能
札幌、南房総、鎌倉、千葉県一宮、南伊豆、群馬県長野原、福井県美浜、徳島県美馬、徳島県三好、鳥取県岩美、東京西品川、山梨県南部、大分県別府、長野県小布施、宮崎県新富町、東京都二子玉川、神奈川県清川村、熊本県宇城、熊本県多良木、福岡県八女市、宮崎県日南、東京都雑司が谷、兵庫県加東、京都府伏見

 

 

サブスクリプション型住宅システムはこんな方におすすめ!

それでは、このサブスクリプション型住宅システムは、どんな方にお得に利用することができるのでしょうか?

<こんな方におすすめ>

・安い値段で1件家に暮らしたい

・若いうちから1件家で生活をしたい

・全国各地を転々としながら、田舎暮らしを満喫したい

・土日は田舎でのんびりした生活を送りたい

・自宅と仕事場が同じでよい

 

特に、一つの住居を複数人で共有して暮らす「シェアハウス」、オフィス環境を共有してパソコン作業や打ち合わせなどに使える「コワーキングスペース」が、若者層を中心に浸透して利用が進んでいる。

ただ、シェアハウスは基本的に一拠点の契約で場所に縛られる。またコワーキングスペースは複数拠点が使い放題になるプランもあるが、寝泊まりはできないといった制約がある。

 

まとめ

生活スタイルは、人によっても様々。その自分がありたい、生活の一つの生き方として、この「ADDress」というシステムは、特に、若年層の間でも利用が広まっています。

こうした住居の利用の仕方は、Colivingのような形のみならず、家族旅行感覚でも利用することができますので、ぜひ幅広い世代で利用できるシステムですので、身体を癒す新たな生活スタイルとしても利用してみてはいかがでしょうか?