【アドセンス】Luxeritasで広告を貼ってみよう!自動広告と手動広告おすすめはどっち?

2019年9月10日

Luxeritasで目指せ収益化!Google Adsenseの審査に合格してログインしたら、設定の中に自動広告とその他に色々な広告がありました。いったいどの広告を使用してよいかわからない方も多いのではないでしょうか?

そこで、このAdsense広告のより良い貼り方について解説していこうと思います。

【アドセンス】Luxeritasで広告を貼るなら!自動広告と手動広告おすすめはどっち?

Luxeritasでgoogle アドセンスの広告を貼るなら、自動広告 を設定するべきでしょうか?それとも手動広告を貼るべきでしょうか?

<その答えは・・・・>

・最初のうちは自動広告がおすすめ

 

まずLuxeritasでAdsense広告を貼るなら、「自動広告」がおすすめです。

最初のうちは自動広告で広告のイメージを掴むことが大切です。
これは、広告にもクリックされやすい位置、されにくい位置が存在します。

そのため、最初のうちは広告の状態をしっかり見極めることが大切だと感じます。またアクセスが集まらなくては、広告を表示しても、なんの意味もないからです。

だからこそ、手動広告に切り替えるのは、しっかりとアクセスを集めた後だと私は感じます。しっかりアクセスを集められるサイト作りを目指してから、再度設定を考えるようにしていきましょう。

 

Luxeritasを活用した自動広告の設定方法について

google アドセンスに合格したら、まず広告を貼る準備を整えていきましょう。最初のうちはまず広告を貼って、感覚を掴んでいくことが非常に大切です。

また自動広告であれば、プログラムコードを設定する方法も非常に簡単ですので、まず利用することから始めてみましょう。

 

自動広告の画面イメージから見ていきましょう。

自動広告の画面イメージ

 

このように、自動広告を設定していると、上記画面のように、インフィード広告、記事内広告、関連コンテンツ等の項目に広告が自動的にが貼られるようになります。

あまり広告の配置等も自分で決めなくてよいので、便利に利用することができます。ちなみに左側が記事内広告で右上がインフィード広告。右下が関連コンテンツの自動広告になります。

 

 

Luxeritasを活用した自動広告の設定の仕方について

それでは、続いて自動広告の設定方法について解説していきましょう。

自動広告の設定には、2つの設定しかありません。そのポイントには大きく分けて2つのポイントがあります。

【自動広告の2つの設定手順】

・google アドセンス にログイン後、自動広告のプログラムをコピーする

・Luxeritasの「Headタグ」にこのコードを貼り付ける

 

たったこの2点です。

 

1.google アドセンスにログインしたら、自動広告のプログラムコードをコピーする

 

2.Wordpress画面「Luxeritas」のHead タグのタブを選択して、コピーしたプログラムコードを貼り付ける

 

自動設定は、たったこの2つの設定だけでいいため、初めての方でも簡単に設定することができます。

それでは、実際に画面に表示されるかどうか確認しておきましょう。最初のうちは、コードを貼り付けても、すぐには繁栄されないことがあります。私もかつてそうでした。

時間を置いてから確認しましょう。利用途中にプログラムコードを消去すると、当然すぐに表示されなくなりますが、再度プログラムコードを貼り付けると、すぐに反映しましたので、最初だけは設定するのに数日間もしくは数時間がかかるようですね。

参考までに覚えておいてくださいね。

 

もし手動でアドセンスの広告を設置するなら何がおすすめ?

もしも自動広告のみならず、自分で広告の設置位置を決めて、手動設定を自分で行っていきたい場合には、広告の設置は一つずつコードを設定して、貼り付ける必要性があります。

手動で行う設定には、

・インフィード広告

・記事内広告

・テキストとディスプレイ広告

・関連コンテンツ

等がありますが、最初のうちは関連コンテンツ等は、設定できません。これはある程度一定数のアクセス数が集まらないと表示されないと言われています。

そのため、初期段階では記事内広告やディスプレイ広告を設置して、クリック率を比較していきましょう。

それでは、どの広告を設置するのがよいか、そのポイントを解説しておきましょう。

 

広告の配置こそ、そのクリック率が変化しますので、上手に広告を配置していきましょう。

アドセンス広告を配置するならどこに設置するべき?

それでは、アドセンス広告を配置する際、画面のどの位置に設置すれば、クリック率が上がるのでしょうか?

<広告のクリック率が上がりやすい設置位置とは>

1.記事下

2.タイトル下の広告

3.目次上

4.関連コンテンツ

 

やはり一番読まれやすい記事の配置は記事下が一番よまれやすいと言われています。記事を読まれた後に、一段落してから続きの読むものを探す流れが多いからのようですね。

また関連コンテンツやインフィード広告では、広告が溶け込むように表示されるため、記事のタイトルを確認している中で、広告とは判断つかずにクリックする流れが多いようですが、ここで大切なことは、いかに記事にカモフラージュして広告が記事に溶け込んでいるかが大切になります。

タイトル下や目次上等も非常に広告が見えやすいため、確認しやすい位置広告があるため、目的意識があって、広告を選択される方が多いようですね。

 

まとめ

このように、広告は貼るのであれば、まず自動広告を設定して、アクセス数が増えた後で、手動広告に切りかえていきましょう。

広告を貼る際には、広告の設置位置も非常に重要で、これは人間の視覚をベースにした実体験から得られたものですが、もっとクリックされやすい配置があるのかもしれません。

また内容によっては、タイトル下がクリックされやすい場合もありますので、その辺はアクセス数を集められてから、しっかり検証するようにしていきましょう。