自律神経の乱れからくる主な症状と何科の選び方

自律神経の乱れによって発症する『自律神経失調症』。仕事や生活からのストレスによって引き起こされ、様々な症状が現れる病です。

ユーザー
ユーザー

・いったいどんな症状が現れるのでしょうか?

・また症状が現れたときにどのように対処していけばいいの?

そんな自律神経失調症の悩みについて私の実体験も踏まえて解消していこうと思います。

 

自律神経失調症の乱れからくる主な症状とは

 

それでは、この自律神経失調症の主な症状には、どんな症状があるのでしょうか?

その症状には、下記が挙げられます。

 

 

身体的な症状とは

<身心的な主な症状とは>
動悸
肩こり
頭痛
めまい
便秘・下痢
吐き気
手足の痺れ

精神的症状

<精神的な症状とは>

不安障害
過呼吸
呑気症
睡眠障害
集中力の低下

女性特有の症状

女性特有の症状

月経不順
閉経異常

これらの異常は予期せぬところでおこります。

 

様々な症状の原因は自律神経のバランスの乱れが原因

 

 

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、体に運動機能を活発にする「交感神経」と、体を休める働きをもつ「副交感神経」の2つが、バランスを取りながら、体の状態を保っています。

この自律神経のバランスが崩れることで、上記のような異常を引き起こすことで様々な症状が発症します。

自律神経のバランスが乱れる原因には、主に下記のような原因が挙げられます。

<自律神経のバランスが乱れる原因について>

不規則な生活
ストレス
加齢
更年期
ホルモンバランス

 

の乱れ等がありますが、それ以外にも、「携帯・スマホ依存」による姿勢の影響でも、近年では自律神経失調症の症状が現れることがわかってきています。

自律神経失調症の症状は人によって異なる

 

自律神経失調症の症状の現れ方も、個人差があります。

私の場合には、特に下記のような症状が現れていました。

<自律神経失調症の私の主な症状>

排便機能
呑機症
排便異常による吐き気
睡眠障害

のような症状が非常に強く現れました。

人によっても、その症状の現れ方が異なるため、自分の症状に合わせた対処が必要不可欠になります。

まずは、これらの症状について、しっかり医師に相談することから始めましょう。

自律神経失調症って気づいたら何科にかかるべき

体調が悪さを感じ、検査をしても、異常がみつからないことがあります。

私も実際に、クリニックや胃腸科、脳神経外科など様々な症状が現れましたが、どこの医師からも、病気の異常は確認されませんでした。

様々な異常が起こっている場合の何科の選び方それでは、こうして様々な異常が起こっている場合には何科を受診したらよいのでしょうか?

 

<精神疾患の疑いがある場合>

心療内科

 

自律神経失調症の場合は、心療内科が適切と言われています。

但し、この病気とわかって病院にいく患者はいないと思います。

一度に突発的な様々な症状が現れた時に心療内科を受診するようにしましょう。

臓器の異常でも、それ一つの症状ではなく、複数の身体の異常が起こっている時に、精神疾患を疑うようにしましょう。

自律神経失調症は、内臓や脳などに器質的な病気・病巣が調べても認められないことが多いため、どの病院でも診察時の患者様の症状によってはその他の内科や耳鼻科も受診していただくことがあります。

医師の診察に基づいてから方向性を決めていくことが多いので覚えておきましょう。

 

症状別対処法について

 

そして、もう一つ考えなくていく必要性があるのが、自律神経失調症の対処法です。

対処法に関しては、下記ページでご紹介しておりますので、ご覧ください。

私が行なって改善してきた対処法で、

 

・自力で治す自律神経失調症の対処法

・5年かけて改善してきた自律神経失調症の対処法の全て

 

を綴っておりますので、必要な方はご覧ください。

 

まとめ

自律神経失調症は、検査をしても自律神経失調症と特定できない精神疾患の一つです。

自律神経失調症を患うと様々な体調異常が起こりますので、その症状に応じた対処療法が必要不可欠で、こうした複数の症状が起こる場合には、心療内科を受診するようにしていきましょう。

 

【人気関連記事】

フィッシャー症候群闘病記~2年半の闘病体験談まとめ

フィッシャー症候群闘病記~3ヶ月の複視と斜視の経過を綴った体験談

【医師監修】足が臭いのを2週間で改善!おすすめ対策グッズ8選と状況別消臭法とは